コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藻琴山 もことやま

4件 の用語解説(藻琴山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藻琴山
もことやま

北海道東部,屈斜路湖の北岸にある火山。標高 1000m。屈斜路カルデラ外輪山の一部を占め,北側はゆるやかに傾斜して,扁平な楯状 (アスピーテ) の山容を現すが,南側は急傾斜で湖にのぞむ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

もこと‐やま【藻琴山】

北海道東部、屈斜路湖の北側にある山。標高1000メートルの円錐状火山で、屈斜路カルデラ外輪山の一。阿寒国立公園の一部。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

もことやま【藻琴山】

北海道東部,網走支庁釧路支庁の境界にある火山。標高999m。屈斜路カルデラの外輪山に属し,南側は急崖をなして屈斜路湖に落ちこみ,北側はオホーツク海に向かって緩く傾斜する。山体は古い安山岩から成り,山麓は針葉樹林でおおわれ,山頂には草地が広がり,エゾウスユキソウなどの高山植物が成育する。北側の比較的開析の進んだ山麓は畑地,牧草地として利用されている。山頂からの展望はすばらしい。【奥平 忠志】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藻琴山
もことやま

北海道東部、屈斜路(くっしゃろ)カルデラ外輪山の北部を形成する火山。標高1000メートル。山頂部はオホーツク総合振興局管内の小清水(こしみず)町・大空(おおぞら)町・美幌(びほろ)町、釧路(くしろ)総合振興局管内の弟子屈(てしかが)町の境界となっている。南側は屈斜路湖に向かって急崖(きゅうがい)のカルデラ壁をなし、北側はオホーツク海に向かって緩やかな山麓(さんろく)が広がる。山体は古い安山岩からなり、北斜面は針葉・広葉の樹林帯で自然休養林に指定されている。山頂は草地が広がり高山植物がみられ、東側山腹まで自動車道があり登山も容易である。頂上からは南に屈斜路湖のほか硫黄(いおう)山、摩周岳、西別岳など、北に濤沸(とうふつ)湖、網走湖、サロマ湖などを眺望できる。[岡本次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の藻琴山の言及

【屈斜路湖】より

…湖の中央に浮かぶ周囲約12kmの中島は,二重式火山で,中央部には溶岩円頂丘がある。外輪山には標高800~1000mの藻琴(もこと)山,サマッケヌプリ,コトニヌプリ,サマッカリヌプリなどがある。これらの山は地層からみて,いくつかの成層火山からなる山体が洪積世後半の十数回にわたる大規模で断続的な火山活動をくりかえした後,陥没して生じた屈斜路カルデラのカルデラ壁で,それは北部と西部でとくに明確である。…

※「藻琴山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藻琴山の関連キーワード網走支庁釧路支庁釧路平野美幌峠網走釧路支庁道東総合振興局支庁再編案の経過

藻琴山の関連情報