コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屈斜路湖 くっしゃろこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

屈斜路湖
くっしゃろこ

北海道東部,弟子屈 (てしかが) 町にある湖。世界最大の屈斜路カルデラ (東西約 26km,南北約 20km) の北西にあたり,面積 79.3km2,周囲 57km,湖面標高 121m,最大水深 117m。屈斜路カルデラ壁は南部を除いて完全に連続し,平均比高は 400mに達する。陥没後その中心部にアトサヌプリ火山群,南東部に摩周湖周辺の火山,北西部に屈斜路湖の中央にある中島などの火口丘や寄生火山が噴出。湖の北西側に美幌峠 (525m) ,藻琴山 (1000m) ,津別峠の景勝地がある。湖の南西端から釧路川が流出する。湖岸に仁伏 (にぶし) ,砂湯,池ノ湯,川湯,和琴などの温泉群が分布。夏季のキャンプや,保養,観光地として有名。阿寒国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くっしゃろ‐こ【屈斜路湖】

北海道東部、川上郡弟子屈(てしかが)町にあるカルデラ湖。南東から釧路(くしろ)川が流出する。面積79.7平方キロメートル、最大深度117.5メートル。湖岸から温泉がわく。
[補説]「くっしゃろ」は、喉口(のどぐち)の意のアイヌ語「クッチャロ」に由来し、湖からの川の出口をさす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

屈斜路湖【くっしゃろこ】

〈くっちゃろこ〉とも。北海道東部,阿寒国立公園にあり,大規模な屈斜路カルデラの西部を占め,中央に中島がある。標高121m,面積79.54km2,最深117.5m,透明度9m,魚類は少ない。
→関連項目釧路川標茶[町]弟子屈[町]美幌峠

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くっしゃろこ【屈斜路湖】

北海道東部,釧路支庁弟子屈(てしかが)町にある湖。〈くっちゃろこ〉とも呼ぶ。東西26km,南北20kmのほぼ円形をなす世界有数の屈斜路カルデラの中にある。面積79.7km2,周囲57km,湖面標高121m,最大水深117.5m,透明度20m。湖底はほぼ平たんである。湖の中央に浮かぶ周囲約12kmの中島は,二重式火山で,中央部には溶岩円頂丘がある。外輪山には標高800~1000mの藻琴(もこと)山,サマッケヌプリ,コトニヌプリ,サマッカリヌプリなどがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

くっしゃろこ【屈斜路湖】

北海道東部、屈斜路カルデラ内にある火口原湖。面積79.7平方キロメートル。阿寒国立公園の一部。くっちゃろこ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕屈斜路湖(くっしゃろこ)


北海道東部にあるカルデラ湖。面積79.4km2。湖内に中島(なかじま)が浮かび、南岸に和琴(わこと)半島が突き出る。南端付近から釧路(くしろ)川が流出する。湖中に温泉がわくため酸性度が高く、生息魚類は少ない。西部の美幌(びほろ)峠から湖と周辺が一望できる。湖岸に和琴・池ノ湯・砂湯・仁伏(にぶし)の各温泉がわく。阿寒(あかん)国立公園を代表する観光拠点。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

屈斜路湖
くっしゃろこ

北海道東部釧路(くしろ)総合振興局管内の火山地域にあるカルデラ湖。周囲57キロメートル、面積79.3平方キロメートル。水深は40メートル前後が広範囲を占め、最大117.5メートル。藻琴山(もことやま)(999メートル)、サマッカリヌプリ(974メートル)、サマッケヌプリ(898メートル)などの外輪山で囲まれた屈斜路カルデラの北西部を占め、湖の中央に溶岩円頂丘を頂く二重式火山の中島(355メートル、面積約5.7平方キロメートル)が浮かぶ。南岸に和琴(わこと)半島が突出、東岸、南岸に仁伏(にぶし)、砂湯、池ノ湯、和琴の各温泉が湧出(ゆうしゅつ)し、流入河川はおよそ100に及び、南東から釧路川が流出する。湖岸を国道243号、主要道道278号が通り、243号が外輪山を横断する美幌(びほろ)峠は、屈斜路湖、和琴半島、アトサヌプリ(512メートル)を一望できる阿寒(あかん)国立公園有数の景勝地である。また主要道道102号の通る小清水(こしみず)峠に近い藻琴山、和琴半島の景勝地があり、後者はミンミンゼミ発生地の北限。[古川史郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の屈斜路湖の言及

【屈斜路湖】より

…これらの山は地層からみて,いくつかの成層火山からなる山体が洪積世後半の十数回にわたる大規模で断続的な火山活動をくりかえした後,陥没して生じた屈斜路カルデラのカルデラ壁で,それは北部と西部でとくに明確である。南部は開析されてカルデラ壁が明確でなく,東部はカルデラ形成後,サワンチサップ(520m),アトサヌプリ(硫黄山,512m)などの火山が噴出し,その西に屈斜路湖が形成された。湖岸段丘の発達から,過去3回にわたって湖面の低下したことが知られる。…

※「屈斜路湖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

屈斜路湖の関連キーワードマリゴケ(毬蘚)弟子屈[町]仁伏[温泉]阿寒湖畔温泉弟子屈(町)ミンミンゼミ川湯[温泉]小清水(町)津別[町]津別(町)美幌(町)千島火山帯和琴半島小清水峠火口原湖弟子屈町川湯温泉摩周温泉小清水町酸性度

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

屈斜路湖の関連情報