コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一木権兵衛 いちき ごんべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一木権兵衛 いちき-ごんべえ

1628-1679 江戸時代前期の土木技術者。
寛永5年生まれ。生地の土佐布師田(ぬのしだ)村(高知市)の用水工事で野中兼山にみとめられ,郷士,普請奉行となる。行当(ぎょうとう)の掘割,津呂(つろ)港の開削に成功。兼山の失脚後,難工事であった室津港の掘削をなしとげたのちの延宝7年6月18日人柱となって自刃(じじん)。52歳。名は政利(まさとし)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

一木権兵衛

没年:延宝7.6.18(1679.7.25)
生年:寛永5(1628)
江戸前期の土木行政家。長宗我部家の遺臣(一領具足)。土佐国(高知県)布師田村の用水工事を奉行職(執政)野中兼山に認められ郷士に登用された。土佐藩内各地の河川,港湾工事で成果を挙げ普請奉行(馬廻り,700石)に抜擢された。仁淀川下流の行当の掘割,室戸港(津呂)の難工事を成功させた。寛文3(1663)年,兼山失脚後も室戸の工事を続け,完工した延宝7(1679)年6月17日夜,港上に場を構え甲冑,太刀を海神に投じて翌未明,切腹した。兼山を失脚させた藩の要路に対して行った痛烈な抗議であった。室戸市に一木神社がある。<参考文献>『山内家史料』,横川末吉『野中兼山』

(山田一郎)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一木権兵衛
いちきごんべえ
(?―1679)

江戸前期の土木家。名は政利(まさとし)。土佐国土佐郡布師田(ぬのしだ)村(高知市)に住した一領具足の子孫で、布師田につくった用水路が野中兼山(のなかけんざん)に認められ郷士(ごうし)となる。以後土木事業に従い普請奉行(ふしんぶぎょう)に任ぜられ、吾川(あがわ)郡弘岡(ひろおか)井筋行当切抜(ゆすじゆきとうきりぬき)の工事で手腕を発揮する。1661年(寛文1)安芸(あき)郡室戸(むろと)港(津呂(つろ)港)を開削、77年(延宝5)から79年にかけて、その西方に新たな室戸港(室津(むろつ)港)の掘削を完成。莫大(ばくだい)な費用を要する難事業で、決死の権兵衛は工事終了後、延宝(えんぽう)7年6月17日夜、鎧冑(よろいかぶと)、太刀(たち)を海神に献じ、未明に人柱となり自刃した。法名覚岩院常誉(かくがんいんじょうよ)居士。津照(しんしょう)寺に葬る。維新後、墓石を埋め、一木神社が建立された。[山本 大]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

一木権兵衛の関連キーワード一木政利山本

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android