室戸(読み)ムロト

大辞林 第三版の解説

高知県南東部の市。室戸岬一帯を占める。観光地。遠洋漁業の根拠地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

高知県南東端の地名。室戸岬一帯を占める。江戸時代初期、野中兼山らの大改修による室津港・室戸岬(津呂)港はともに遠洋漁業の根拠地。室戸岬を中心とする海岸の大部分が室戸阿南海岸国定公園の一部に指定されている。昭和三四年(一九五九)市制。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

室戸の関連情報