コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

室津 むろつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

室津
むろつ

兵庫県南西部,たつの市南西部の旧村域。播磨灘に臨む。 1889年村制施行。 1951年御津町と合体して,御津町となり,2005年龍野市,新宮町,揖保川町と合体して,たつの市となった。藻振鼻と赤松鼻の間の入江に発達した港町で,奈良・平安時代は摂播五泊の一つ。江戸時代参勤交代で海路東上した諸大名の上陸地点として繁栄。本陣,脇本陣もあった。室津港を見おろす高台には国指定重要文化財の賀茂神社がある。明治以後は鉄道との連絡も悪く,港も狭いため繁栄の中心はほかに移った。ウメの名所で知られる。

室津
むろつ

高知県南東部,室戸市の中心市街地。室戸岬の西岸,室津川河口に位置する。室戸岬の観光基地でもある。港は江戸時代に野中兼山らによって開削されたもので,昭和初期まで遠洋漁業の基地であった。海岸沿いは室戸阿南海岸国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

室津【むろつ】

兵庫県たつの市御津町の一地区。播磨灘(はりまなだ)に臨む古い港町で中世以降播磨五泊の一つに数えられ,江戸時代には参勤交代の西国大名の上陸地として栄えた。現在は漁港で,瀬戸内海国立公園に属する。
→関連項目御津[町]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

むろつ【室津】

兵庫県揖保郡御津町の室津は古代より室津湾という良好な港湾条件を備え,津泊として利用されてきた。《播磨国風土記》には〈室原泊(むろうのとまり) 室と号(なづ)くる所以(ゆえ)は,此の泊,風を防ぐこと,室の如し。故,因りて名と為す〉とあり,《万葉集》には,〈室の浦〉という名でよまれる。三善清行の《意見十二箇条》によれば,行基によって河尻,大輪田,魚住,韓,檉生(むろう)の5泊が播磨から摂津の海岸に設けられ,それぞれの泊の間の航行を1日行程として,舟行の便をはかったと記されるが,この檉生泊が室津にあたる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

むろつ【室津】

兵庫県たつの市南部にある漁港。「摂播五泊」の一つで、古くから瀬戸内航路の重要な港として栄えた。むろのつ。室の泊とまり。室津の泊。
高知県室戸市の中心集落。港がある。

むろのつ【室津】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔兵庫県〕室津(むろつ)


兵庫県たつの市御津(みつ)町西部の地区。播磨灘(はりまなだ)に面する港町。古代から知られた瀬戸内海航路の要港で、中世はその重要な寄港地として発展。江戸時代には西国大名の参勤交代の上陸地となり繁栄した。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

室津の関連キーワード兵庫県たつの市御津町室津兵庫県たつの市御津町姫路白なめし革細工上関町郷土史学習館山口県熊毛郡上関町高知県室戸市室津豊浦(山口県)室津(兵庫県)御津(兵庫県)高知県室戸市たつの(市)室戸[市]一木権兵衛室戸(市)上関[町]上関(町)豊浦[町]御津[町]熊毛半島上関海峡

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

室津の関連情報