室津(読み)むろつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

室津
むろつ

兵庫県南西部,たつの市南西部の旧村域。播磨灘に臨む。 1889年村制施行。 1951年御津町と合体して,御津町となり,2005年龍野市,新宮町,揖保川町と合体して,たつの市となった。藻振鼻と赤松鼻の間の入江に発達した港町で,奈良・平安時代は摂播五泊の一つ。江戸時代は参勤交代で海路東上した諸大名の上陸地点として繁栄本陣脇本陣もあった。室津を見おろす高台には国指定重要文化財の賀茂神社がある。明治以後は鉄道との連絡も悪く,港も狭いため繁栄の中心はほかに移った。ウメ名所で知られる。

室津
むろつ

高知県南東部,室戸市の中心市街地。室戸岬西岸,室津川河口に位置する。室戸岬の観光基地でもある。港は江戸時代に野中兼山らによって開削されたもので,昭和初期まで遠洋漁業の基地であった。海岸沿いは室戸阿南海岸国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

むろつ【室津】

[一] 兵庫県揖保(いぼ)郡御津町の地名。播磨灘に面する。漁港があり、奈良時代は播磨五泊の一つに数えられる要港。中世には倭寇の根拠地となり、江戸時代は瀬戸内海航路の寄港地であった。遊女の発祥地としても知られた。瀬戸内海国立公園の一部。室。室の津。室の泊り。室津の泊り。
[二] 高知県室戸市の地名。古くは室戸岬一帯をいった。〔二十巻本和名抄(934頃)〕

むろ‐の‐つ【室津】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

室津
むろつ

古来,播磨国の港町で,現在の兵庫県揖保 (いぼ) 郡御津町室津
古代には瀬戸内海の良港として五の一つに数えられた。中世以降,瀬戸内航路の寄港地として繁栄。江戸時代にはオランダ朝鮮使節や西国大名の上陸地であった。明治時代以後,大型船の寄港に適さないため衰えた。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

百科事典マイペディアの解説

室津【むろつ】

兵庫県たつの市御津町の一地区。播磨灘(はりまなだ)に臨む古い港町で中世以降播磨五泊の一つに数えられ,江戸時代には参勤交代の西国大名の上陸地として栄えた。現在は漁港で,瀬戸内海国立公園に属する。
→関連項目御津[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

むろつ【室津】

兵庫県揖保郡御津町の室津は古代より室津湾という良好な港湾条件を備え,津泊として利用されてきた。《播磨国風土記》には〈室原泊(むろうのとまり) 室と号(なづ)くる所以(ゆえ)は,此の泊,風を防ぐこと,室の如し。,因りて名と為す〉とあり,《万葉集》には,〈室の浦〉という名でよまれる。三善清行の《意見十二箇条》によれば,行基によって河尻,大輪田魚住,韓,檉生(むろう)の5泊が播磨から摂津の海岸に設けられ,それぞれの泊の間の航行を1日行程として,舟行の便をはかったと記されるが,この檉生泊が室津にあたる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android