コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津波避難ビル ツナミヒナンビル

デジタル大辞泉の解説

つなみひなん‐ビル【津波避難ビル】

津波が発生した際に住民や来訪者が緊急的に避難できる施設。津波が到達する前に高台へ避難することが困難な沿岸地域などで、市町村指定・設置する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

津波避難ビル

津波が押し寄せた際、高台に逃げるのが難しい場合に緊急的に逃げ込む建物海沿い公共施設マンションなどを市区町村が指定する。内閣府は2005年に示したガイドラインで、耐震基準を満たした鉄筋か鉄骨鉄筋コンクリート造りの2~4階以上の建物を対象としている。

(2013-03-10 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

津波避難ビルの関連キーワード津波避難ビルと津波避難タワー県内の津波避難対策津波避難施設津波避難津波予報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

津波避難ビルの関連情報