洪霊菲(読み)こうれいひ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

洪霊菲
こうれいひ / ホンリンフェイ
(1903―1933)

中国の革命作家。本名洪倫修(こうりんしゅう)。広東(カントン)省潮安県の人。貧しく厳格な家に生まれ、困苦に耐えて勉学に励み、1926年広州高等師範学校を卒業、郁達夫(いくたつふ/ユイターフー)にその才を認められる。在学中から革命運動に参加、24年共産党に入党、国共分裂後、国民党の追及を逃れ国外を流浪。28年上海(シャンハイ)で同郷の戴平万(たいへいまん/タイピンワン)らと『我們(われら)』月刊を創刊して革命文学に参加、『流亡』など多数の作品を短期間に書き上げる。30年中国左翼作家連盟創立の発起人となり常任委員を務める。33年北京(ペキン)で革命活動中、逮捕処刑された。51年と82年に『洪霊菲選集』出版。[近藤龍哉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android