追及(読み)ついきゅう

精選版 日本国語大辞典「追及」の解説

つい‐きゅう ‥キフ【追及】

〘名〙
① あとからいかけていって、追いつくこと。
※日本外史(1827)五「高徳取錦幟、追及朝忠、収潰兵、守高山寺
※麦と兵隊(1938)〈火野葦平〉五月一七日「トラックで部隊に追及するといふので」
② 相手の責任・欠点などを追い責めること。追いつめること。
※桐畑(1920)〈里見弴〉愛経「いやにかさにかかって追及(ツヰキフ)するね」 〔漢書‐高帝紀上〕
※日本の思想(1961)〈丸山真男〉二「理性的、合法則的なものをどこまでも追及して行く根源の精神的エネルギーは」

おい‐し・く おひ‥【追及】

〘自カ四〙 追いかけてそれに追いつく。後から追いつく。
※古事記(712)上「亦云はく、其の追斯伎(おひシキ)しを以ちて、道敷大神(ちしきのおほかみ)と号(なづ)くといふ」
※万葉(8C後)二・一一五「後れ居て恋ひつつあらずは追及(おひしか)む道の隈廻(くまみ)に標(しめ)(ゆ)へわが背」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「追及」の解説

つい‐きゅう〔‐キフ〕【追及】

[名](スル)
どこまでも追いつめて、責任・欠点などを問いただすこと。「責任の所在を追及する」
追いつくこと。
「日のある中に本隊に―したいと思っていたが」〈火野・土と兵隊〉
[類語]責める咎める詰る詰問難詰面詰面責糾問問責問い詰める突き詰める吊し上げる締め上げる責め付ける責め立てる難じる問う

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「追及」の解説

【追及】ついきゆう(きふ)

追いつく。〔礼記、檀弓下〕(の)工尹陽、陳疾(きしつ)と、師をうて之れにぶ。

字通「追」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android