困苦(読み)こんく

精選版 日本国語大辞典「困苦」の解説

こん‐く【困苦】

〙 必要なものに乏しくて、生活などにしむこと。また、そういう状態。
※北野天神縁起(鎌倉初)「一には、父の法皇を嶮路にあゆませ奉り、心神を困(コン)苦せしめたりし也」 〔荘子‐逍遙遊〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「困苦」の解説

こん‐く【困苦】

[名](スル)困り苦しむこと。また、そのような状態。「困苦に耐える」「困苦める」「天災が重なって困苦する」
[類語]貧困貧苦困窮貧窮窮乏貧乏困乏生活苦ひん赤貧極貧清貧じり貧貧寒じり安どか貧素寒貧すかんぴん不如意ふにょい文無もんな落ち目減退後退下火退潮尻すぼまり廃頽下り坂左前不振先細り下がり目低落廃る廃れる傾く寂れる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「困苦」の解説

【困苦】こんく

こまりはてる。〔荘子、逍遥遊〕彷徨乎として其(大樹)の(かたは)らに爲す无(な)く、逍遙乎として其の下に寢臥す。斤斧(きんぷ)に(えう)せられず、物、する无し。用ふべき无き、安(いづく)んぞ困するならんや。

字通「困」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android