コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郁達夫 いくたっふ Yu Da-fu

8件 の用語解説(郁達夫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

郁達夫
いくたっふ
Yu Da-fu

[生]光緒22 (1896).12.7. 中国,浙江,富陽
[没]1945.9.17. オランダ領東インドスマトラ
中国の作家。浙江省富陽県の人。本名,文。達夫は字。没落士大夫の家に生まれた。1913年訪日,東京帝国大学在学中に郭沫若成仿吾らと創造社を結成した。帰国後,各地で教鞭をとりながら文学活動を続けたが,革命文学に傾く創造社からしだいに離れ,一時は雑誌『語絲』などによっていたが,やがて創作からも遠ざかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いく‐たつふ【郁達夫】

[1896~1945]中国の小説家。浙江(せっこう)省富陽の生まれ。東大留学中に郭沫若(かくまつじゃく)らと創造社を結成。「沈淪(ちんりん)」は中国初の口語小説集。他に「過去」など。第二次大戦終了時にスマトラ島で日本兵に殺された。いくたっぷ。ユイ=ターフー。

ユイ‐ターフー【郁達夫】

いくたつふ(郁達夫)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

郁達夫【いくたっぷ】

中国の作家。名は文,達夫は字(あざな)。1913年日本に留学,東大経済学部在学中から郭沫若らと創造社を結成,《沈淪(ちんりん)》は青春の孤独とともに性の悩みを初めて描いた作品として注目された。
→関連項目中国左翼作家聯盟白話

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

郁達夫 いく-たっぷ

1896-1945 中国の小説家。
光緒(こうしょ)22年11月3日生まれ。大正2年(1913)来日。東京帝大在学中に郭沫若(かく-まつじゃく)らと創造社を結成,「沈淪(ちんりん)」でみとめられる。帰国後は各地の大学でおしえながら作品を発表。のち抗日救国運動に活躍するが,1945年9月17日スマトラで日本憲兵に殺された。50歳。浙江(せつこう)省出身。名は文。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

いくたっぷ【郁達夫 Yù Dá fū】

1896‐1945
中国の作家。兄2人姉1人の末弟として浙江省富陽県の読書人の家に生まれ,1913年来日,一高特設予科,八高,東大経済学部に学ぶ。中学在学中に辛亥革命の動乱で家居独学,その後各地の軍閥が抗争を続ける混乱の時代を,大陸進出を図る当の日本に10年間留学していたことが人間形成に大きく影響した。21年東京で郭沫若・成仿吾たち留学生仲間と文学団体創造社を結成,秋最初の創作集《沈淪》を発表し文壇に登場。翌年東大を卒業して帰国,各地の大学で教鞭を執るかたわら創作と雑誌編集に従事したが,不安定な社会情勢の中で,その思想は時に急進的に,時に逃避的に揺れ,35年秋の《出奔》を最後に創作の筆を断つ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いくたつふ【郁達夫】

1896~1945) 中国の小説家。日本留学中に郭沫若かくまつじやくらと創造社を結成し、ロマン派文学を提唱。鬱屈うつくつする情感を吐露した私小説を書いた。第二次大戦終戦時、スマトラ島で日本憲兵に殺害された。代表作「沈淪ちんりん」「過去」など。ユイ=ターフー。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

郁達夫
いくたつふ / ユイターフー
(1896―1945)

中国の作家。名は文。達夫は字(あざな)。12月7日生まれ。浙江(せっこう/チョーチヤン)省富陽の人。1913年(大正2)留学生として来日。一高特設予科、八高を経て東京帝国大学経済学部卒業。留学中に西洋小説を耽読(たんどく)し創作を開始。1921年東大在学中に彼の本郷の下宿で結成された創造社は、文学研究会と対立して、後者の「人生派・写実派」に対して「芸術派・浪漫派」とよばれ、草創期の文壇を二分した。出世作『沈淪(ちんりん)』(1921)は中国最初の口語小説集。留学生の性的な煩悶(はんもん)と「支那(しな)人」蔑視(べっし)への悲憤を描き、赤裸な告白によって大きな反響をよび「頽廃(たいはい)派」の名を得た。大正期日本文学の私小説、佐藤春夫、イギリス世紀末文学の影響などが指摘できるが、彼の場合、頽廃は実は本来純潔な自己の苦痛の表白を意味し、そのまま社会的、民族的な抗議であった点に特徴がある。1922年帰国。上海(シャンハイ)で郭沫若(かくまつじゃく/クオモールオ)らと『創造季刊』等を発刊。旺盛(おうせい)な創作活動を展開するが、まもなく生活に疲れて北京(ペキン)に去る。国民革命の高潮とともに自己変革と作風の転換を求めて苦悩するが挫折(ざせつ)し、やがて文人的な世界に退いた。日本の文学者との交友も多く、1936年(昭和11)末には再来日して旧交を温めた。日中戦争の開戦とともに救国運動に活躍。1938年末シンガポールに移り、陥落直前スマトラへ脱出。終戦直後同地で日本憲兵に殺害された。[伊藤虎丸]
『岡崎俊夫他訳『現代中国文学6 郁達夫・曹禺』(1971・河出書房新社) ▽伊藤虎丸・稲葉昭二・鈴木正夫編『郁達夫資料――作品目録・参考資料目録及び年譜』『郁達夫資料補編 上下』(1969~1974・ともに東京大学東洋文化研究所付属東洋学文献センター) ▽小田獄夫著『郁達夫伝』(1975・中央公論社) ▽稲葉昭二著『郁達夫 その青春と死』(1982・東方書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の郁達夫の言及

【創造季刊】より

…上海泰東図書局発行。主要執筆者は郭沫若(かくまつじやく),郁達夫(いくたつぷ),成仿吾(せいほうご),張資平,田漢,鄭伯奇など。編集には郭沫若と郁達夫が当たった。…

【中国文学】より

…名作《阿Q正伝》(1921)をはじめ,《吶喊(とつかん)》《彷徨》の二つの作品集に収められた諸作品には,暗い現実を凝視する作者の視線に,みずからをも現実に対する加害者の一人ととらえる苦い内省の思いが影を落とし,独特の深みのある世界を作った。こうした文学研究会の傾向に反発した郭沫若,郁達夫(いくたつぷ)などは創造社を組織し,芸術至上主義を唱えた。彼らの傾向をもっともよく代表するのは郭沫若の長詩《女神》で,奔放な空想力を駆使して反逆の呪いと人間解放への希求を高らかに歌ったこの作品は,その内容と表現の両側面で真に近代詩の名に恥じない最初の作品となった。…

※「郁達夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

郁達夫の関連キーワード艾青艾蕪張炎弟分浙江浙江財閥兄なあ肉蒲団末弟華東

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone