流浪(読み)ルロウ

  • るろう ‥ラウ
  • るろう〔ラウ〕

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)住むところを定めず、さまよい歩くこと。「流浪の民」「諸国を流浪する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① あてもなくさまようこと。所定めず、さすらい歩くこと。
※将門記(940頃か)「新皇は勅して曰く、女人の流浪は本属に返る者、法式の例なり」 〔鮑照‐擬行路難〕
② 主家を失い封祿を離れること。また、生計の道を失って路頭に迷うこと。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※浄瑠璃・女殺油地獄(1721)下「今死んでは年はもいかぬ三人の子がるらうする」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android