コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流れに棹差す ナガレニサオサス

とっさの日本語便利帳の解説

流れに棹差す

本来は、船頭が流れに逆らわずに水棹を差し操ること。また、社会や周囲の動きに合わせて上手に世の中を渡ること、時流に乗ることの。ところが「棹差す」とあるので、誤って、世の中の流れ、時流に逆らう意で用いられることがある。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android