コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流動資産仮説 りゅうどうしさんかせつLiquid Asset Hypothesis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

流動資産仮説
りゅうどうしさんかせつ
Liquid Asset Hypothesis

消費関数論のなかで,J.トービンが提示した仮説。ケインズ型消費関数は,平均消費性向が安定的となる S.クズネッツの時系列データを説明できないとして,J.デューゼンベリーの相対所得仮説による批判を受けたが,それに対する絶対所得仮説からの反批判としてトービン,L.クラインらは,流動資産効果を導入することによって平均消費性向の長期安定性が説明できるとした。同じ所得水準の家計であれば,より多くの流動資産を保有しているほうがより多くの消費を行うであろうから,消費 C,所得 Y ,流動資産 M の関係は CabYcM ( abc は正定数) で表わすことができ,変形すると C/Yba/YcM/Y となり,所得増加により a/Y が低下しても,cM/Y の上昇があれば C/Y は安定的となる。なお消費関数のこのような拡張は,実質残高効果を導入することにもなるが,こうした研究は J.ストーンらによって展開された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

流動資産仮説の関連キーワードデモンストレーション効果消費関数論争資産効果

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android