コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浄瑠璃大系図 じょうるりおおけいず

世界大百科事典 第2版の解説

じょうるりおおけいず【浄瑠璃大系図】

浄瑠璃の太夫,三味線の芸統の解説書。3世竹本筆太夫考,近松狂言堂校訂,1842年(天保13)刊,上中下3巻。書名の示すとおり,古浄瑠璃より義太夫節,豊後節三流にわたり,出版当時にいたるまでの太夫376人,三味線140人の名前を挙げ,師弟関係など芸の系統を示したもので上中2巻が太夫,下巻が三味線に当てられている。部分的に誤りも少なくないが浄瑠璃史研究に重要な書である。【山田 庄一】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

浄瑠璃大系図の関連キーワード竹本 長門太夫(4代目)竹本長門太夫(4代)鶴沢友次郎(初代)西川伊三郎(3代)竹本筆太夫(3代)野沢喜八郎(初代)鶴沢寛治(4代)鶴沢清七(初代)竹沢権右衛門

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android