コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古浄瑠璃 こじょうるり

6件 の用語解説(古浄瑠璃の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古浄瑠璃
こじょうるり

人形浄瑠璃義太夫節以前の諸流派をいう。 15世紀に語りはじめられた『浄瑠璃十二段草子』が語り物の一ジャンルを形成し,16世紀末~17世紀初めに,三味線,人形と結んで人形浄瑠璃芝居を確立,以後享保末年 (1735) 頃まで江戸,大坂,京都で興行された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こ‐じょうるり〔‐ジヤウルリ〕【古浄瑠璃】

浄瑠璃のうち、竹本義太夫近松門左衛門と提携して義太夫節を完成する以前の各派の総称。京都の角太夫節嘉太夫(かだゆう)節、大坂の文弥(ぶんや)節播磨(はりま)節、江戸の金平(きんぴら)節外記(げき)節土佐節など。古流。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

古浄瑠璃【こじょうるり】

義太夫節以前の初期の浄瑠璃各派の総称。半太夫節,金平節,播磨節,土佐節など。当流と称した義太夫節にくらべて,古浄瑠璃には中世的な色彩が濃厚に残っていた。
→関連項目岡本文弥奥浄瑠璃金平浄瑠璃金平本出世景清浄瑠璃竹本義太夫近松門左衛門文弥節

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こじょうるり【古浄瑠璃】

人形浄瑠璃のうち,義太夫節以前に成立した古流派に属する浄瑠璃の総称。御曹司牛若丸と矢矧(やはぎ)宿の長者の娘浄瑠璃御前との恋物語の語り物は,室町中期ころより語られていたが,この語り物はその娘の名をとって浄瑠璃と呼ばれた(《浄瑠璃物語》)。江戸時代の初頭には三味線,人形操りと提携し,またさまざまな物語を同様な曲節で語るようになり,浄瑠璃という語は広く語り物の種類をあらわす名称となった。それ以後,浄瑠璃は人形芝居の語り物として多くの作品を生み出すことになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こじょうるり【古浄瑠璃】

義太夫節以前の古い浄瑠璃各派の総称で、義太夫節を当流浄瑠璃・新浄瑠璃などと称するのに対する呼称。近松門左衛門と竹本義太夫が提携した作「出世景清かげきよ」初演(1685年)以前の浄瑠璃を主にさし、杉山丹後掾たんごのじよう・薩摩さつま浄雲・和泉太夫いずみだゆう・薩摩外記げき・井上播磨掾はりまのじよう・山本角太夫・宇治加賀掾らの語り物をいう。六段形式が多く、内容は単純で説話的・類型的である。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古浄瑠璃
こじょうるり

三味線伴奏による日本の語物音楽の分類名。17世紀初頭から人形芝居に用いられた浄瑠璃のうち、竹本義太夫(ぎだゆう)によって1684年(貞享1)義太夫節が成立する以前の各流の総称として用いられる。金平節(きんぴらぶし)、外記(げき)節、土佐節、角太夫(かくたゆう)節、永閑(えいかん)節、文弥(ぶんや)節、嘉太夫(かだゆう)節などがこれに含まれるが、義太夫節が人形劇音楽の王座を占めるに及び、18世紀に入ると衰微し、やがて吸収され消滅していった。[林喜代弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の古浄瑠璃の言及

【浄瑠璃】より

…近松門左衛門の活躍時代において文学性が最も高くなり,その後人形舞台の発達につれて舞台本位の演劇性を高度にもつにいたる。
[古浄瑠璃]
 1474年(文明6)ころから《浄瑠璃物語》は語られた(《実隆公記》紙背)という。その後の展開のうち,義太夫節成立までを〈古浄瑠璃〉と呼ぶ。…

※「古浄瑠璃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

古浄瑠璃の関連情報