浄罪界(読み)じょうざいかい

精選版 日本国語大辞典の解説

じょうざい‐かい ジャウザイ‥【浄罪界】

〘名〙 ローマ‐カトリック教の信仰で、浄罪が行なわれる場所。天国と地獄との間。煉獄(れんごく)
※野分(1907)〈夏目漱石〉三「此浄罪界(ジャウザイカイ)に足を入れたものでなければ決して天国へは登れまいと思ふのです」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の浄罪界の言及

【煉獄】より

…キリスト教会の教義において,小罪を犯し地獄に行くまでに至らないがすぐには天国へ行けない霊魂が,苦しみを受けながら浄化され最後の審判を待つとされる場所,およびその状態。〈煉獄〉というラテン語purgatoriumはpurgare(〈浄化する〉の意)に由来し,浄罪界とも訳す。ドイツ語でいうFegefeuerは〈浄めの火〉の意。…

※「浄罪界」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android