コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅井比咩命 あさいひめのみこと

1件 の用語解説(浅井比咩命の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅井比咩命 あさいひめのみこと

「近江国(おうみのくに)風土記」逸文にみえる神。
琵琶湖の竹生島(ちくぶしま)にある都久夫須麻(つくぶすま)神社の祭神。伊吹山の神である多々美比古(たたみひこの)命の姪(めい)。浅井岡にすむ。この2神はたがいに山の高さをきそっていたが,ある夜,浅井岡が急にたかくなったのでおこった多々美比古命が浅井比咩命をきると,その頭が琵琶湖におちた。これが竹生島になったとつたえられる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

浅井比咩命の関連キーワード出雲国風土記近江のお兼近江の海古風土記播磨風土記肥前風土記常陸風土記豊後風土記伊香刀美妻丹生明神

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone