コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近江国 おうみのくに

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

近江国
おうみのくに

現在の滋賀県。東山道の一国。大国。もと淡海,額田,近淡海安の国造および犬上県主が支配。国府,国分寺はともに現在の大津市にあった。天智6 (667) 年,都が飛鳥から当国の大津宮に移ったが,都が畿外になることは異例のことであった。『延喜式』には滋賀 (しか) ,栗太 (くるもと) ,甲賀 (かふか) ,野洲 (やす) ,蒲生 (かまふ) ,神崎 (かむさき) ,愛智 (えち) ,犬上 (いぬかみ) ,坂田 (さかた) ,浅井 (あさゐ) ,伊香 (いかこ) ,高嶋 (たかしま) の 12郡がみえ,『和名抄』には郷 92,田3万 3402町余が数えられている。鎌倉時代には佐々木氏が守護として重きをなし,室町時代には佐々木氏が京極家と六角家とに分れて近江国の半国ずつを支配したが,戦国時代には新興の浅井氏に敗れ,次いで織田信長が浅井氏を滅ぼし,蒲生郡の安土に城を築いて根拠地とした。豊臣秀吉の時代には堀秀政が佐和山,蒲生氏郷が日野,のちに京極高次が八幡山を与えられて統治。江戸時代には井伊氏の彦根藩,本多氏の膳所 (ぜぜ) 藩,加藤氏の水口藩,堀田氏の宮川藩,分部氏の大溝藩,遠藤氏の三上藩などの小藩に分割されていた。明治4 (1871) 年の廃藩置県では,4月に各藩のうち三上藩が和泉国に移されたほかはそれぞれ県となったが,同年 11月には大津県と長浜県とに併合され,同5年には大津県が滋賀県に,長浜県が犬上県に改められ,さらに2県が合併して滋賀県となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おうみ‐の‐くに〔あふみ‐〕【近江国】

近江

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

近江国【おうみのくに】

旧国名。江州とも。東山道の一国。今の滋賀県。古地名は近淡海(ちかつおうみ),すなわち琵琶湖の意。畿内に隣接するために古くから開け,大津には667年から天智天皇の都が置かれ,国司は藤原氏が多かった。
→関連項目粟津橋本御厨葛川近畿地方朽木荘滋賀[県]菅浦得珍保

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

藩名・旧国名がわかる事典の解説

おうみのくに【近江国】

現在の滋賀県域を占めた旧国名。国名は琵琶(びわ)湖が古くは近淡海(ちかつおうみ)と呼ばれたことに由来。律令(りつりょう)制下で東山道に属す。「延喜式」(三代格式)での格は大国(たいこく)で、京からは近国(きんごく)とされた。国府と国分寺はともに現在の大津(おおつ)市におかれていた。平安時代には権門(けんもん)寺社、とくに延暦(えんりゃく)寺荘園(しょうえん)が多かった。鎌倉時代守護佐々木氏南北朝時代から室町時代には、佐々木氏が六角(ろっかく)氏京極(きょうごく)氏に分かれ、半国ずつ支配。戦国時代には浅井氏が勢力を得、のち織田信長(おだのぶなが)が平定、安土(あづち)城を築いて全国統一の拠点とした。このころから近江商人が全国的に活躍。徳川家康(とくがわいえやす)は近江支配のため彦根(ひこね)城を築かせ、大坂の陣以後、井伊直孝(なおたか)が彦根藩の基礎を固めた。旗本・寺社領などが錯綜(さくそう)し、幕末に至る。1871年(明治4)の廃藩置県により大津県、長浜(ながはま)県の2県となる。1872年(明治5)に大津県は滋賀県、長浜県は犬上(いぬかみ)県と改称、のち犬上県は滋賀県に編入された。◇江州(ごうしゅう)ともいう。

出典 講談社藩名・旧国名がわかる事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おうみのくに【近江国】

旧国名。江州。現在の滋賀県にあたる。
【古代】
 東山道に属する大国(《延喜式》)。〈淡海〉〈近淡海(ちかつおうみ)〉とも表記される。滋賀,栗太,甲賀,野洲,蒲生,神崎,愛智,犬上,坂田,浅井,伊香,高島の12郡からなる。《延喜式》のほか738年(天平10)の〈上階官人歴名〉(《正倉院文書》)によって当時も大国であったことが判明する。国衙跡が大津市瀬田神領町の三大寺丘陵で発掘され,国府域は方8町の四周に半町の外縁がめぐっていたと考えられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

近江国
おうみのくに

東山道(とうさんどう)の一国。現在の滋賀県。四周を若狭(わかさ)、越前(えちぜん)、美濃(みの)、伊勢(いせ)、伊賀(いが)、山城(やましろ)、丹波(たんば)の諸国に接する。東には伊吹(いぶき)・鈴鹿(すずか)、西には比良(ひら)・比叡(ひえい)の山が連なり、南には信楽(しがらき)の台地が続き、中央には琵琶(びわ)湖がある。
 縄文前期の遺跡には石山(いしやま)貝塚(大津市)や、下豊浦(しもといら)遺跡(近江八幡(おうみはちまん)市)、西野遺跡(米原(まいばら)市)などがあり、弥生(やよい)時代の遺跡には大中の湖南(だいなかのこみなみ)遺跡(東近江市、近江八幡市)や、銅鐸(どうたく)を24個も出土した野洲(やす)市小篠原(こしのはら)がある。古墳時代になると、近江八幡市の瓢箪山(ひょうたんやま)古墳や高島市の稲荷山(いなりやま)古墳など、数多くの群集墳が散在している。大化(たいか)前代には、野洲市付近を拠点とする安国造(やすのくにのみやつこ)や、律令(りつりょう)制の国名と一致する近淡海国造(ちかつおうみのくにのみやつこ)がいた。大化改新後の667年(天智天皇6)には都が大津宮に移され、その翌年、天智(てんじ)天皇に従って大海人皇子(おおあまのおうじ)や額田王(ぬかたのおおきみ)らが蒲生野(がもうの)に遊猟したときの歌が『万葉集』に収められている。しかし672年(天武天皇1)壬申(じんしん)の乱で近江軍が敗れると、ふたたび都は飛鳥(あすか)に移された。『延喜式(えんぎしき)』の規定によると近江は大国で、滋賀、栗太(くりた)、甲賀(こうが)、野洲、蒲生、神崎(かんざき)、愛智(えち)、犬上(いぬかみ)、坂田(さかた)、浅井(あさい)、伊香(いか)、高島(たかしま)の12郡からなり、国府は栗太郡勢多(せた)(瀬田)に置かれていた。聖武(しょうむ)天皇の時代には山城国恭仁(くに)京に遷都され、742年(天平14)甲賀郡紫香楽(しがらき)に離宮がつくられるが、745年ふたたび都が平城京に戻されるに及んで紫香楽宮は盗賊の荒らすところとなった。794年(延暦13)桓武(かんむ)天皇が都を平安京に移すと、近江はその東玄関となり、入唐求法僧(にっとうぐほうそう)最澄(さいちょう)によって建立された比叡山延暦寺(えんりゃくじ)をはじめ、園城寺(おんじょうじ)や湖東三山などの天台寺院が栄えた。
 源平の乱で近江も荒れたが、鎌倉時代になると近江源氏佐々木氏が力を有し、中世末まで400年にわたり守護として君臨した。承久(じょうきゅう)の乱(1221)のとき、守護佐々木広綱(ひろつな)は京方となったが、弟信綱(のぶつな)が幕府方につき守護職を得た。この子孫から朽木(くつき)氏や京極(きょうごく)氏が出、京極高氏(たかうじ)(佐々木導誉(どうよ))は南北朝期に活躍した。本家佐々木六角(ろっかく)氏は湖東の観音寺(かんのんじ)城に居を構えた。また近江には中世村落の惣(そう)結合の成長を示す多くの史料が残されており、土一揆(つちいっき)や一向(いっこう)一揆の舞台ともなった。1568年(永禄11)には織田信長によって観音寺城が陥落し、1573年(天正1)浅井氏が信長軍に敗れると、信長は安土城を築き本拠とした。戦国時代の湖北は戦乱に明け暮れたが、石田三成(みつなり)、小堀遠州(こぼりえんしゅう)、狩野山楽(かのうさんらく)らが続々と中央に出て活躍した。本能寺の変で信長が倒れ、豊臣(とよとみ)秀吉から徳川家康の時代に移ると、近江は彦根(ひこね)藩のほかに、水口(みなくち)、膳所(ぜぜ)、山上(やまがみ)、宮川(みやかわ)、大溝(おおみぞ)、仁正寺(にんしょうじ)、堅田(かたた)などの小藩に分かれた。近世の近江の総石高は83万0616石であった。湖上交通も盛んとなり、近江米や近江麻布の生産で近江商人が全国に出て活躍した。明治維新を迎え廃藩置県(1871)により、大津県、膳所県、水口県、西大路県、山上県は、大津県となり1872年(明治5)1月滋賀県に、また彦根県、宮川県、朝日山県は、長浜県、犬上県を経て同年2月滋賀県に繰り入れられた。[渡邊守順]
『太田亮著『日本国誌資料叢書 近江』(1925・磯部甲陽堂) ▽『滋賀県史』全6巻(1928・滋賀県)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

近江国の関連キーワード行くも帰るもの関近つ淡海・近江嘉吉の土一揆吉村 鉄之助久村 静弥佐々木定綱国友藤兵衛近江国衙跡樋口 松平近江のお兼姥餅・姥餠仁正寺藩佐和山藩立入宗継保内商人京極高知六角征伐建部大社三宮義胤近江源氏

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

近江国の関連情報