竹生島(読み)ちくぶしま

精選版 日本国語大辞典「竹生島」の解説

ちくぶ‐しま【竹生島】

[一] 滋賀県東浅井郡びわ町、琵琶湖の北部にある島。竹生島観音として知られる宝厳寺(ほうごんじ)があり、その弁天堂には日本三弁才天の一つがまつられる。また、竹生島明神として知られる都久夫須麻(つくぶすま)神社がある。深い緑につつまれて湖面にうつる島影は琵琶湖八景の一つ。面積〇・一四平方キロメートル。国史跡・名勝。
※拾遺(1005‐07頃か)秋・二〇三・詞書「ちくふしまにまうで侍ける時、もみぢのかげの水にうつりて侍ければ」
[二] 平曲。フシ物。平経正が竹生島で琵琶を奏すると、明神がそれに感応して、白龍となって姿を現わす。
[三] 謡曲。脇能物。各流。作者不詳。朝臣が琵琶湖畔で釣り船に乗ってきた老漁夫と若い女に会い、乗せてもらって竹生島に行く。二人は弁才天は女体だからこの島は女人禁制ではないことなどを語り、女は社殿に、漁夫は海中に消える。やがて弁才天・龍神が現われて、それぞれ天女の舞と舞働(まいばたらき)を舞う。
[四] 長唄。本調子。一一世杵屋六左衛門作曲。本名題「今様竹生島」。文久二年(一八六二)江戸中村座初演。歌詞は謡曲からとったもので、明神の神徳を述べる。「馬盥(ばだらい)の光秀」の本能寺の場で用いられた。ほかに一中節、常磐津節がある。
[五] 箏曲。山田流は一中節を編曲した掛合いと謡曲による唄い物の二曲がある。生田流の曲は地歌(菊岡検校作曲)の編曲で島の由来を語るもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

国指定史跡ガイド「竹生島」の解説

ちくぶじま【竹生島】


滋賀県長浜市にある島。葛籠尾崎(つづらおざき)の南約2kmに位置し、全島が針葉樹で覆われて琵琶湖八景の一つに数えられている。1930年(昭和5)に国の名勝・史跡に指定された。島の周辺の水深は深く、西側付近が琵琶湖最深部(104.1m)で、葛籠尾崎との間から湖底遺跡が発見され、水深70mほどの湖底から多数の土器が引き揚げられた。これらの土器は時代幅が非常に大きく、古いものでは縄文時代早期~弥生時代、中世にまで及ぶと考えられている。このような遺跡は世界でも類がなく、沈積原因は今なお大きな謎に包まれている。湖底から引き揚げられた土器は、葛籠尾崎湖底遺跡資料館(尾上(おのえ)公民館内)に展示されている。島名は「神を斎(いつ)く島」に由来し、中世以来、宝厳寺は西国三十三ヵ所観音霊場として、都久夫須麻(つくぶすま)神社とあわせて多くの参詣客でにぎわい、年間を通して多くの観光客が訪れる。長浜港から竹生島行き観光船で約30分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「竹生島」の解説

竹生島
ちくぶしま

滋賀県琵琶湖北部にある石英斑岩の島。面積 0.14km2。最高点 197m。長浜市に属する。全島樹木に覆われ,周囲は絶壁をなす。桃山時代の文化財が多く,竹生島観音で知られる宝厳寺西国三十三所第 30番札所。弁天堂厳島 (広島県) ,江の島 (神奈川県) と並ぶ日本三弁天の一つ。古くから歌にも詠まれ,仙境として信仰の対象になった。曲や狂言でも知られ,「深緑・竹生島の沈影」といわれる琵琶湖八景の一つ。島内全域が国の史跡名勝に指定されており,厳寺の唐門および同寺所蔵の法華経序品,都久夫須麻神社本殿は国宝に指定されている。琵琶湖国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「竹生島」の解説

竹生島【ちくぶしま】

(1)能の曲名脇能物五流現行。作者は不明(一説金春禅竹作とも)。琵琶湖の竹生島明神を訪れた醍醐帝の朝臣弁財天竜神が出現し,金銀珠玉を授ける。謡いやすい曲として親しまれている。(2)(1)に取材した邦楽曲の曲名。竹生島への参詣を主題にするものも含む。一中節・長唄・常磐津節・地歌・山田流箏曲など。一中節は河東節との掛合。長唄は本名題《今様竹生島》。常磐津節は岸沢との和解曲。地歌は菊岡検校作曲・八重崎検校箏手付の端歌物。上方舞の舞地にも使用。箏曲は千代田検校作曲のものと,一中・河東掛合物から移曲された箏歌・一中の掛合物がある。

竹生島【ちくぶしま】

琵琶湖北部に浮かぶ小島。面積0.14km2。樹林におおわれ,〈竹生島の沈影〉は琵琶湖八景の一つ。古来より信仰の島で,西国三十三所30番札所宝厳(ほうごん)寺(竹生島観音)や都久夫須麻(つくぶすま)神社(竹生島明神)があり,ともに桃山建築の遺構をもつ。宝厳寺に平安時代の装飾経《竹生島経》が伝わり,弁天堂は日本三弁天の一つ。
→関連項目海津不忍池菅浦長浜[市]びわ[町]琵琶湖国定公園和邇

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「竹生島」の解説

ちくぶ‐しま【竹生島】

滋賀県北部、琵琶湖にある島。面積0.14平方キロメートル。竹・・松などで覆われ、名勝地。宝厳(ほうごん)寺都久夫須麻(つくぶすま)神社・弁天堂がある。
謡曲。脇能物醍醐天皇臣下が竹生島に参詣すると、弁財天と竜神が現れて奇瑞(きずい)を見せる。
長唄。本名題「今様竹生島」。を下敷きにした歌詞に11世杵屋六左衛門が曲をつけたもの。一中節箏曲(そうきょく)常磐津(ときわず)にも同名の曲がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典「竹生島」の解説

竹生島
(通称)
ちくぶしま

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
那須与市竹生島詣 など
初演
寛文3.6(江戸・市村座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

事典 日本の地域遺産「竹生島」の解説

竹生島

(滋賀県長浜市早崎町)
近江水の宝」指定の地域遺産。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

世界大百科事典 第2版「竹生島」の解説

ちくぶしま【竹生島】

琵琶湖の北部,葛籠尾(つづらお)崎の南2kmにある島。滋賀県東浅井郡びわ町に属する。周囲2km,面積0.14km2の石英斑岩からなる小島で,全島が杉,松などの常緑樹でおおわれ,社寺以外に集落はなく,古来信仰の対象とされてきた。また琵琶湖八景の一つ〈深緑竹生島の沈影〉の景勝地で,島全体が国の名勝・史跡に指定されている。琵琶湖国定公園に含まれ,大津今津彦根,長浜などから観光船の便がある。【井戸 庄三】
[信仰]
 竹生島の生成には次のような話がある。

ちくぶしま【竹生島】

日本の芸能,音楽の題名。(1)能 脇能物。神物。作者不明。シテは竜神。ある朝臣(ワキ)が竹生島参詣に出かけて琵琶湖畔に着くと,老人(前ジテ)が若い女(前ヅレ)を乗せた舟を操って来るので,同乗させてもらう。湖上の春景色に興じているうちに,舟は竹生島に着いた。朝臣がこの島は女人禁制と聞いているがと不審顔をするので,老人は,島に祭る弁財天も女体の神なのだからそれは知らぬ人の言葉だと教え,島の由来を物語った末,自分たちは実は人間ではないのだといって,女は社壇の中に消え,老人は波間に姿を消す(〈クセ〉)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の竹生島の言及

【伊吹山】より

…伊吹山の神が荒振(あらぶる)神として意識されていたことがわかる。もう一つは,〈近江国風土記逸文〉にある夷服岳と浅井岳の丈競べの伝説で,浅井岳が一夜にして高さを増したため,怒った夷服岳が浅井岳の頭を切り落とし,琵琶湖の竹生島ができたというものである。【宮本 袈裟雄】。…

【長唄】より

…歌舞伎や長唄を愛好する大名,旗本,豪商,文人らがその邸宅や料亭に長唄演奏家を招いて鑑賞することが流行し,なかには作詞を試みる者も現れ,作曲者たちの作曲意欲と相まって,《翁千歳三番叟(おきなせんざいさんばそう)》《秋色種(あきのいろくさ)》《鶴亀》《紀州道成寺》《四季の山姥(しきのやまんば)》《土蜘(つちぐも)》など鑑賞用長唄の傑作が生まれた。一方,前代に全盛をきわめた変化物舞踊もようやく行詰りをみせはじめ,さらに幕藩体制の崩壊,長唄愛好者の大名,旗本の高尚趣味の影響もあって,長唄にも復古的な傾向が現れ,謡曲を直接にとり入れた曲が作曲されるようになり,前述の《鶴亀》や《勧進帳》《竹生島》などが生まれた。この時期の唄方には天保の三名人といわれる3世芳村伊十郎,岡安喜代八,2世富士田音蔵,三味線方に10代目杵屋六左衛門,4世杵屋六三郎,5世杵屋三郎助(のち11代目杵屋六左衛門,3世勘五郎),2世杵屋勝三郎,囃子方に4世望月太左衛門,6世田中伝左衛門などがいる。…

※「竹生島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android