コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅海潮 せんかいちょうshallow water tide

1件 の用語解説(浅海潮の意味・用語解説を検索)

海の事典の解説

浅海潮

潮汐が浅海部に侵入してくると、波速の減少にともない波高が増大するが、非線型効果のため波形の変形によって元の振動数の2、3、4倍の振動数をもつ倍 潮、あるいは異なった二つの分潮のそれぞれの振動数の和あるいは差の振動数を有する複合潮が現れる。このように浅海域で現れる分潮を浅海潮と呼ぶ。 (永田)

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
海の事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone