浅緑庵春告(読み)せんりょくあん はるつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅緑庵春告 せんりょくあん-はるつぐ

?-? 江戸時代後期の狂歌師。
もと因幡(いなば)鳥取藩士。江戸浅草蔵前にすむ。壺側(つぼがわ)の判者。天保(てんぽう)(1830-44)ごろの人。姓は三浦。通称は義右衛門,のち笠倉屋佐兵衛。別号に念仏庵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android