コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅草別院 あさくさべついん

世界大百科事典 第2版の解説

あさくさべついん【浅草別院】

東京都台東区西浅草にある寺。真宗(もと大谷派)。東本願寺12世教如のころ江戸神田に光瑞寺を建立,次の宣如が東本願寺末刹と改称,1657年(明暦3)大火に類焼し現地に移り,その後再三焼け,第2次大戦中空襲で焼失後,1960年復興。本堂,書院兼輪番所,記念会館,幼稚園,美容学校等をもつ。65年東京本願寺と改称した。【柏原 祐泉】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

浅草別院の関連キーワード大草慧実

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android