コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幼稚園 ようちえん

9件 の用語解説(幼稚園の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

幼稚園
ようちえん

満3歳から小学校入学までの幼児の教育を行う教育機関。学校教育法 77条によれば「幼児を保育し,適当な環境を与えて,その心身の発達を助長することを目的とする」。創始者といわれる W.フレーベルは 1840年にキンダーガルテンを始めたが,実質的にはその 20年前にイギリスの R.オーウェンの創始した幼児学校が最初のものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

幼稚園

遊びを通して、義務教育やその後の教育の基礎を培う教育を目的としている。各園で教育方針は様々だが、「健康」「表現」「人間関係」「環境」「言葉」などの領域から発達をとらえ、総合的に指導している。こうした「教育的意図」を織り交ぜなから、子どもたちの主体性を育てていく点が共通している。

(2011-02-07 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ようち‐えん〔エウチヱン〕【幼稚園】

学校教育法による学校の一。満3歳から小学校入学までの幼児のための教育機関。心身の発達をはかり、集団生活に慣れさせることを目的とする。1840年、ドイツフレーベルによって創始された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

幼稚園【ようちえん】

保育所と並ぶ幼児教育施設の一つ。1837年フレーベルによって《キンダーガルテン》の名で初めて開設。日本では1876年東京女子師範学校お茶の水女子大学)付属として設置されたのが最初。
→関連項目学校保育保母

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

防府市歴史用語集の解説

幼稚園

幼稚園は学校教育法[がっこうきょういくほう]で定められた施設で、満3歳から小学校入学前までの子供達のための教育をおこなう施設です。防府市内の幼稚園はすべて私立で、17園あります。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

幼稚園

株式会社小学館が発行する子供誌。3~6歳児向けに知育に関する情報を紹介。毎月1日発売。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ようちえん【幼稚園】

学校教育法によれば,〈幼児を保育し,適当な環境を与えて,その心身の発達を助長すること〉(77条)を目的とする小学校就学前教育機関であり,学校体系の一環として位置づけられている。ふつう,1837年F.W.A.フレーベルがドイツのブランケンブルクに開設したものに始まるとされ,その名キンダーガルテンKindergartenは世界各国にひろまった。それは,みずから発育する可能性をもった植物の芽が,すぐれた園丁の指導下に成長する花園の意である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ようちえん【幼稚園】

満三歳から就学前の幼児を教育する機関。学校教育法では学校の一つとされる。1840年にフレーベルが開設したものが最初とされる。日本では76年(明治9)に東京女子師範学校に付設されたのが最初。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

幼稚園
ようちえん

小学校に入学するまでの幼児のための教育施設。何歳から入園するかは国によって異なるが、3歳から入園するように制度化している国が多く、日本でも3歳から入園することができることになっている。世界で最初につけられた名称キンダーガルテンKindergarten(ドイツ語子供の庭または幼児園)が、日本では、明治の初めに幼稚園と訳された。同様の教育施設のことを、フランスではエコール・マテルネルcole maternelle、イギリスではナーサリー・スクールnursery school、ロシアではジェツキー・サートдетский сад/detskiy sadとよんでいる。幼児に対する教育施設での教育は、1日4時間程度でよいとされているが、ロシアや中国では、幼稚園という名称であっても、日本における保育所同様1日8時間以上の保育が行われているものが多い。[岡田正章]

役割

幼児期の教育は、長く、家庭の責任で、主として母親が行えばよいとされていた。フレーベルが、乳幼児期の教育において母親の役割の重要性は普遍的であるが、同時に、同年齢の幼児が相互に遊び合い、かつ、保育の専門家がその遊びを指導することによって、幼児の健やかな発達がより適切に促されるということを主張し、その教育の場を幼稚園と名づけたことから、幼稚園の存在意義が広く認識された。1961年(昭和36)国際公教育会議が「就学前教育について」各国政府に勧告したが、そのなかで、次のように述べている。「家庭は、子供の成長発達にもっとも適当な環境であるが、両親は幼い子供が4歳ぐらいになると、最良の条件のもとにあってさえもその子供のすべての教育的要求を、自分たちだけでは満たしてやることができないから、他からの助力を求める」。
 幼稚園は、環境を整え、幼児の心身のすべての面にわたって、家庭ではかならずしも保障されない文化的刺激との触れ合いのなかで、健やかな成長発達を図ることが目ざされる。こうした幼稚園の役割について、日本では、学校教育法のなかでの幼稚園教育の目標として、次の5事項をあげている。
(1)健康、安全で幸福な生活のために必要な基本的な習慣を養い、身体諸機能の調和的発達を図ること。
(2)集団生活を通じて、喜んでこれに参加する態度を養うとともに家族や身近な人への信頼感を深め、自主、自律及び協同の精神並びに規範意識の芽生えを養うこと。
(3)身近な社会生活、生命及び自然に対する興味を養い、それらに対する正しい理解と態度及び思考力の芽生えを養うこと。
(4)日常の会話や、絵本、童話等に親しむことを通じて、言葉の使い方を正しく導くとともに、相手の話を理解しようとする態度を養うこと。
(5)音楽、身体による表現、造形等に親しむことを通じて、豊かな感性と表現力の芽生えを養うこと。
 文部省(現文部科学省)は、1948年(昭和23)に、幼稚園における幼児教育の新しい方向を指向するものとして、「保育要領」を刊行した。1956年に、これを全面的に改め、新たに幼稚園における保育内容についての国の基準とする「幼稚園教育要領」を告示した。その後、数度の改訂を行ったが、2008年(平成20)に中央教育審議会が「幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校の学習指導要領等の改善について」、文部科学大臣に対して答申を行ったが、そのなかで、幼稚園教育要領について、次のような事項を改善の基本方針として示した。
(1)幼稚園教育については、近年の子供たちの変化や社会の変化に対応し、発達や学びの連続性及び幼稚園での生活と家庭などでの生活の連続性を確保し、計画的に環境を構成することを通じて、幼児の健やかな成長を促す。
(2)子育ての支援と教育課程に係る教育時間の終了後に行う教育活動(預かり保育)については、その活動の内容や意義を明確化する。また、預かり保育については、幼稚園における教育活動として適切な活動となるようにする。
 文部科学大臣は、この改善の基本方針に基づき、2008年に幼稚園教育要領を改訂し、翌年度から実施することとした。その「第1章総則」の第1に「幼稚園教育の基本」として、次のように述べている。
第1幼稚園教育の基本
 幼児期における教育は、生涯にわたる人格形成の基礎を培う重要なものであり、幼稚園教育は、学校教育法第22条に規定する目的を達成するため、幼児期の特性を踏まえ、環境を通して行うものであることを基本とする。
 このため、教師は幼児との信頼関係を十分に築き、幼児と共によりよい教育環境を創造するように努めるものとする。これらを踏まえ、次に示す事項を重視して教育を行わなければならない。
(1)幼児は安定した情緒の下で自己を十分に発揮することにより発達に必要な体験を得ていくものであることを考慮して、幼児の主体的な活動を促し、幼児期にふさわしい生活が展開されるようにすること。
(2)幼児の自発的な活動としての遊びは、心身の調和のとれた発達の基礎を培う重要な学習であることを考慮して、遊びを通しての指導を中心として第2章に示すねらいが総合的に達成されるようにすること。
(3)幼児の発達は、心身の諸側面が相互に関連し合い、多様な経過をたどって成し遂げられていくものであること、また、幼児の生活経験がそれぞれ異なることなどを考慮して、幼児一人一人の特性に応じ、発達の課題に即した指導を行うようにすること。
 その際、教師は、幼児の主体的な活動が確保されるよう幼児一人一人の行動の理解と予想に基づき、計画的に環境を構成しなければならない。この場合において、教師は、幼児と人やものとのかかわりが重要であることを踏まえ、物的・空間的環境を構成しなければならない。また、教師は、幼児一人一人の活動の場面に応じて、様々な役割を果たし、その活動を豊かにしなければならない。[岡田正章]

設置・運営

幼稚園を設置・運営する者は、公立は都道府県教育委員会、私立は知事の認可を得なければならない。私立の設置者は、従来、宗教法人や個人でも認められていたが、現在は学校法人が原則となっている。幼稚園という名称を、認可を得ないものが類似の施設に用いると学校教育法によって処罰される。幼稚園の施設設備、職員組織は、文部科学省が定めた「幼稚園設置基準」に示されているが、学級は同一年齢の幼児35人以下を原則として編制するよう規定されている。1園の規模は、1947年(昭和22)までは、200人が最高限度とされていたが、それ以降はそうした規定はない。
 幼稚園は、どこの国でも義務教育制度になっていないのと同様に、日本でも、その就園は保護者の任意である。幼稚園の入園は3歳からできることになっているが、すべての幼稚園が3歳児から3年間の保育を行っているとは限らないし、たとえ、3歳からの保育を行っている幼稚園であっても、4歳から2年間の保育を受けさせることも、園の規定と保護者の希望によって決めることができる。[岡田正章]

起源と変遷

世界最初の幼稚園は、1840年にフレーベルがドイツのバートブランケンブルクに開いた。幼児の遊びをたいせつにし、創造性、自発性、共感性などの形成を目ざす幼児教育が行われ、その影響により、しだいに世界各国に幼稚園が設けられるようになった。
 日本の幼稚園は、1876年(明治9)東京女子師範学校(現在のお茶の水女子大学)附属幼稚園が最初の幼稚園として開設された。その後、当時の文部省が普及を奨励したが、小学校・中等学校のようには増設されなかった。長く、幼稚園は中流以上の階層の家庭の幼児が通う、ぜいたくなものという印象をもたれた。このため、小学校1年生入学者中幼稚園修了者の占める割合(就園率)は、第二次世界大戦前の最高が、1942年(昭和17)の10%であった。大戦後、就園率は上昇し、1975年以降は64%を上回るほどになったが、就労する母親と、それに伴い保育所に入所する幼児の増加により、2009年度(平成21)は56.4%と、徐々に減少する傾向にある。[岡田正章]

課題

幼稚園は全国的に普及してきたが、2009年度では全国児童数中、3歳児が25.5%、4歳児が35.8%、5歳児が38.6%で、3歳から入園する幼児の割合は少ない。今後は親が希望すればすべての幼児が3歳から幼稚園教育を受けることができるようになることが望まれる。なぜなら、過去と異なり、多くの幼児が一人っ子もしくは二人っ子として育っており、子供時代の子供関係が少なく、対人関係の態度を身につけることが乏しくなっているからである。
 幼稚園の普及は、私立幼稚園の力によるといってよい。2009年度の全幼稚園児数163万0336人中私立幼稚園児数の占める割合は80.8%である。国および地方公共団体から、私立幼稚園のうち学校法人立のものに対し運営費補助金が交付されたり、また、一定の所得以下の家庭に対しては、国と市区町村から就園奨励費が支出されたりしている。しかし、多くの園児の若い保護者にとって保育料は重い負担となっており、十分な保育料を集めることはむずかしい。このため幼稚園では、十分な保育条件を整えて、充実した保育内容で保育することが困難となっている。たとえば、1学級の幼児数は基準では35人という人数がいちおうの指標となっている。ただし、一般には25人以下が望ましいとされ、これを実現するためには教員を増やさねばならず、運営費が高くなり、容易でない。このため、私立幼稚園に対する公費助成をいっそう増額し、公立および私立幼稚園の保護者費用負担の格差を是正し、かつ、教育の充実を図ることが必要である。[岡田正章]
育児相談センターとしての機能の重視
さらに、幼稚園は園児を通わせている家庭だけでなく、幼児をもつ地域のすべての家庭に対し、よい育児相談センターとしての機能を果たすことが期待される。全国的に出生率が低下し、少子家族が多くなり、また、都市を中心に核家族が増えている。育児について祖父母からの伝承がなく、かつ、育児についての雑誌・テレビなどによる情報が氾濫(はんらん)し、育児に不安を抱く母親が多い。地域でも子供の遊び場が少なくなり、家の中に閉じこもりがちとなる。こうした状況に対し、幼稚園が、地域の幼児をもつ母親たちの話のたまり場、すなわち井戸端会議の場となることも有意義である。そこで、地域の老人が自らの子育てについて語り聞かせることがあってもよいだろう。あわせて園長・教頭など職員が幼児教育の専門家として、幼児期における家庭での教育のあり方に関し、幼児の発達の実態に即して、個別的、集団的に面接したり、適切な助言を提供したりすることも、弱体化した家庭の教育機能を活性化するために今後いっそう充実される必要がある。[岡田正章]
『文部省編『幼稚園教育百年史』(1979・ひかりのくに) ▽岡田正章・川野辺敏監修『世界の幼児教育』全9巻(1983・日本らいぶらり) ▽小田豊著『はい、こちら幼稚園です――21世紀の幼稚園』(1996・世界文化社) ▽伊藤良高他編著『現代の幼児教育を考える』改訂新版(2007・北樹出版) ▽文部科学省著『幼稚園教育要領解説』(2008・フレーベル館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の幼稚園の言及

【フレーベル】より

…ドイツの教育家,幼稚園の創設者。チューリンゲンの片いなかに牧師の末子として生まれたが,生後9ヵ月で母を失い,寂しい幼年時代を送った。…

【保育所】より

…このような施設の起源は必ずしも明らかではないが,ふつう,1779年フランスのアルザス・ロレーヌでプロテスタント牧師オベルランJean Fréderic Oberlin(1740‐1826)が貧困家庭の子の昼間保育を始めたのが最初とされる。1837年フレーベルが幼稚園に保育施設を付設し,44年にはパリでマルボーFirmin Marbeauが女工の子どもの保育施設をつくり,イギリスではR.オーエンがニューラナークに幼児学校(インファント・スクール)を設立して以降,各地に設けられるようになった。日本の場合,江戸後期に佐藤信淵が高2万石に6ヵ所の慈育館を設けるとの構想をたてた(《垂統秘録》)が,実現にはいたらなかった。…

※「幼稚園」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

幼稚園の関連キーワード消防大学校養護学校中等教育学校一条校六三制学校教育新制中学校認可幼稚園専修学校・各種学校学生・生徒災害傷害保険幼稚園と保育所

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

幼稚園の関連情報