コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮かれ出づ ウカレイズ

デジタル大辞泉の解説

うかれ‐い・ず〔‐いづ〕【浮かれ出づ】

[動ダ下二]
気持ちが落ち着かず、どこという当てもなく、家を出る。
「―・づる心は身にもかなはねば如何なりとても如何にかはせむ」〈山家集・中〉
心がひかれて、うきうきとする。また、うきうきとして出かける。
「朝食(あさげ)もうち忘れて―・でぬ」〈読・雨月・蛇性の婬〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android