コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮き沓 ウキグツ

2件 の用語解説(浮き沓の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うき‐ぐつ【浮き×沓】

江戸時代の浮き具で、布袋に入れた漆塗りの木筒。大きいもの一つを背に、小さいもの二つを胸の左右にひもで連ねて身につけるようにしたもの。
馬につけると、自由自在に水上を走ることができると信じられていた架空の浮き具。うかびぐつ。
「神通自在の葦毛の駒、歴劫不思議(りゃくこふふしぎ)の―はかせ」〈浄・女護島

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うきぐつ【浮き沓】

馬の足につけると水上を自由自在に走ることができると信じられていた架空の浮き具。 「神通自在の葦毛の駒、歴劫りやつこう不思議の-はかせ/浄瑠璃・平家女護島」
江戸時代の浮き具の一種。60センチメートルくらいの木の大筒を背に、30センチメートルくらいの小筒二個を胸に当てるように紐ひもで連ねたもの。 「こなたの岸につつ立上り、-しごいて一息つぎ/浄瑠璃・布引滝」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浮き沓の関連キーワード天の浮き橋鴨の浮き寝鳰の浮き巣袋回し浮輪雲の浮き波立傘玉浮き浮きばかり

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone