コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮き鯛 ウキダイ

デジタル大辞泉の解説

うき‐だい〔‐だひ〕【浮き×鯛】

春の大潮のときに、多数の鯛が浮き上がること。また、その鯛。潮流などの影響で水圧が急に減少し、浮き袋の調整ができなくなるために浮く。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うきだい【浮き鯛】

初夏の大潮の日に、海面に群れをなして浮かび上がる鯛。広島県三原市能地のうじの沖のものが有名。 〔急潮にもまれて鰾うきぶくろの調節ができずに浮き上がるといわれる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

浮き鯛の関連キーワードタイ(魚)急潮

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android