浮世の塵(読み)ウキヨノチリ

デジタル大辞泉の解説

うきよ‐の‐ちり【浮世の×塵】

この世の煩わしさや汚らしさをちりにたとえていう語。
「このままにすまばすむべき山水よ―に濁らずもがな」〈新続古今・雑中〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

うきよ【浮世】 の 塵(ちり)

この世のわずらわしさやけがらわしさをにたとえたもの。
※新続古今(1439)雑中・一八三六「このままにすまばすむべき山水ようき世の塵に濁らずもがな〈栄仁親王〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android