新続古今和歌集(読み)しんしょくこきんわかしゅう

  • しんしょくこきんわかしゅう シンショクコキンワカシフ
  • しんしょくこきんわかしゅう〔シンシヨクコキンワカシフ〕
  • しんぞくこきんわかしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

室町時代の第 21勅撰和歌集撰和歌集の最後の集。飛鳥井 (あすかい) 雅世撰。 20巻。 2144首。永享 11 (1439) 年完成。一条兼良 (かねら) の執筆した仮名序,真名序がある。撰者の関係から,飛鳥井家,二条派,武家歌人などが重んじられている。『新古今和歌集追随の傾向が顕著。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

第二一番目の勅撰和歌集。二〇巻。足利義教執奏、後花園天皇下命、飛鳥井雅世撰。1439年成立。約二一四〇首。一条兼良の仮名・真名序を有する。最後の勅撰和歌集。新続古今集。新続古今。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

室町時代にできた、二一番目の勅撰集。二〇巻。歌数は二一四四首。永享五年(一四三三)後花園天皇の命により飛鳥井雅世が撰し、同一一年完成。真名序・仮名序共に一条兼良の執筆。代表歌人は飛鳥井雅縁、藤原良経、後小松院、藤原俊成、同定家、頓阿、後鳥羽院、足利義教など。以後も勅撰集の計画はあったが、応仁の乱のため挫折して、これが最後の勅撰集となった。しんぞくこきんわかしゅう。新続古今集。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

室町中期,最後の勅撰和歌集
1439年成立。20巻。歌数2144首。後花園天皇の命で飛鳥井雅世 (あすかいまさよ) 撰。鎌倉時代以後勅撰集が二条家流・京極家流によって撰進されていた慣例足利義教圧力で破る。温雅な歌が多い。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android