コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新続古今和歌集 しんしょくこきんわかしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新続古今和歌集
しんしょくこきんわかしゅう

室町時代の第 21勅撰和歌集。勅撰和歌集の最後の集。飛鳥井 (あすかい) 雅世撰。 20巻。 2144首。永享 11 (1439) 年完成。一条兼良 (かねら) の執筆した仮名序真名序がある。撰者の関係から,飛鳥井家,二条派,武家歌人などが重んじられている。『新古今和歌集』追随の傾向が顕著。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しんしょくこきんわかしゅう〔シンシヨクコキンワカシフ〕【新続古今和歌集】

室町時代の最後の勅撰和歌集。20巻。永享5年(1433)後花園天皇の勅により、飛鳥井雅世が撰し、同11年成立。一条兼良(いちじょうかねら)真名序仮名序がある。歌数約2140首。代表歌人は藤原良経藤原俊成藤原定家など。新続古今集

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しんしょくこきんわかしゅう【新続古今和歌集】

第二一番目の勅撰和歌集。二〇巻。足利義教執奏、後花園天皇下命、飛鳥井雅世撰。1439年成立。約二一四〇首。一条兼良の仮名・真名序を有する。最後の勅撰和歌集。新続古今集。新続古今。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

新続古今和歌集の関連キーワード源有房(1)平親清女妹後小松天皇西園寺公名後円融天皇三条西公保欣子内親王二十一代集二条資季細川頼元中山定親山名時煕中山親雅一色教親吉田兼好斯波義将冷泉為之十三代集室町時代山名煕貴

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android