コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

続古今和歌集 ショクコキンワカシュウ

大辞林 第三版の解説

しょくこきんわかしゅう【続古今和歌集】

第一一番目の勅撰和歌集。二〇巻。後嵯峨上皇の命で、藤原為家が撰に当たり、のち藤原光俊・基家・家良・行家が加わる。1265年成立。約一九〇〇首。仮名序・真名序がある。歌風は華麗さをもつ反面、古風な傾向もある。続古今集。続古今。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

続古今和歌集の関連キーワード源有房(1)七条院権大夫今出河院近衛二十一代集飛鳥井雅世平親清女妹花山院定雅新続古今集後嵯峨上皇西園寺公名欣子内親王平親清女北条時広卜部兼直小倉公雄北条時茂二条道良今川範政鎌倉時代山名時煕

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android