続古今和歌集(読み)しょくこきんわかしゅう

精選版 日本国語大辞典「続古今和歌集」の解説

しょくこきんわかしゅう ショクコキンワカシフ【続古今和歌集】

鎌倉時代にできた、一一番目の勅撰集。二〇巻。歌数は一九一五首。正元元年(一二五九)後嵯峨院院宣により藤原基家・為家・行家・光俊が撰し、文永二年(一二六五成立撰者は最初は為家だけであったが、途中から加わった光俊の発言力が強く、反御子左家的性格が強い。真名序は菅原長成、仮名序は基家の執筆。代表歌人は宗尊親王西園寺実氏・定家・後嵯峨院・後鳥羽院・為家・家隆など。続古今集

ぞくこきんわかしゅう ゾクコキンワカシフ【続古今和歌集】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android