続古今和歌集(読み)ショクコキンワカシュウ

大辞林 第三版の解説

しょくこきんわかしゅう【続古今和歌集】

第一一番目の勅撰和歌集。二〇巻。後嵯峨上皇の命で、藤原為家が撰に当たり、のち藤原光俊・基家・家良・行家が加わる。1265年成立。約一九〇〇首。仮名序・真名序がある。歌風は華麗さをもつ反面、古風な傾向もある。続古今集。続古今。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報