コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山水 サンスイ

デジタル大辞泉の解説

さん‐すい【山水】

[名]
山と水。山と水のある自然の景色。
築山(つきやま)と池とがある庭園。「枯(かれ)山水
山水画」の略。
山から出る水。やまみず。〈日葡
[形動ナリ]ものさびしいさま。みすぼらしいさま。
「―なる者ありしが、洗濯をしたく思へど着替へなし」〈咄・居合刀・四〉

やま‐みず〔‐みづ〕【山水】

山から流れ出る水。
山と水。また、山と水のある風景。さんすい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さんすい【山水 shān shuǐ】

山水は自然のかたちであり自然そのものである。唐末に風景という用語もあるが,それは風と光とを意味し,中国人は自然をそこまで非実体化し抽象化することはなかった。《山海経(せんがいきよう)》は山々に神々が住むことをいうが,竜身,蛇身,魚身の神々も多く,山神であると同時に水神でもあろう。神話的世界の神としては洪水神が最も古いが,夏系の(こん)や禹が魚身から熊に変じて治水を行ったとか,竜身の共工という洪水神をもつ羌(きよう)族は嵩(すう)岳を祖神とするといったように山神・水神は対をなしているようで,苗系の女媧(じよか)・伏羲(ふくぎ)の説話のように破壊と復活を意味し,山水は神と帝,聖と俗といった観念でとらえられていたかもしれない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さんすい【山水】

( 名 )
山と川。また、自然の景色。
山水画」に同じ。
山中を流れる水。やまみず。 〔日葡〕
( 形動ナリ )
ものさびしいさま。みすぼらしいさま。 「今は山も麓に見落とされて-なるありさま/浮世草子・禁短気」

せんすい【山水】

さんすい(山水)」に同じ。

やまみず【山水】

谷川の水。
山と水。さんすい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の山水の言及

【山水画】より

…山や水といった個々具体的な表現素材を駆使して構成される,全体としては理想的な山水の画。いわゆる風景画とは異なる。…

※「山水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

山水の関連キーワード四季山水図芥子園画伝青緑山水残山剰水神仙山水愚渓右慧雪舟等楊浮世草子山容水態曾我蛇足林泉高致山水長巻米法山水水墨山水藤井瑞景寸馬豆人早春図山水文山水詩李思訓

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山水の関連情報