浮田 克躬(読み)ウキタ カツミ

20世紀日本人名事典「浮田 克躬」の解説

浮田 克躬
ウキタ カツミ

昭和期の洋画家 日展評議員。



生年
昭和5(1930)年2月17日

没年
平成1(1989)年8月30日

出生地
東京

学歴〔年〕
東京美術学校油画科〔昭和25年〕卒

主な受賞名〔年〕
安井奨励賞〔昭和33年〕,日展特選〔昭和33年〕,昭和会賞〔昭和43年〕,コメンダドール・オフィシャル章(ブラジル)〔昭和54年〕,宮本三郎記念賞(第4回)〔昭和61年〕「城砦の島」,日展内閣総理大臣賞(第20回)〔昭和63年〕

経歴
少年時代から絵描きにあこがれ、中学3年修了で東京美校に特例入学、20歳で卒業、今も芸大最年少の記録として残る。昭和25年新制派協会展で初入選。29年より田崎広助師事。32年第13回日展に初入選、33年第1回新日展で特選となる。34年より8年間、北海道をテーマに〈北の風景〉シリーズを手掛け、42年初めて渡欧以後、フランス、北欧、ブラジルの風景を描き、風景画の画家としての評価を確立した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android