コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田崎広助 たざき ひろすけ

美術人名辞典の解説

田崎広助

洋画家。福岡県生。名は広次。坂本繁二郎に師事する。戦後広稜会を結成、また東郷青児らと日伯現代美術展を開催し、その功績によりブラジル政府よりグラン・クルーズ章、コメンダドール・オフィシアール章を受ける。日本芸術院会員・一水会運営委員・日展理事・日伯美術連盟会長。文化勲章受章。昭和59年(1984)歿、85才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田崎広助 たざき-ひろすけ

1898-1984 大正-昭和時代の洋画家。
明治31年9月1日生まれ。坂本繁二郎に師事し,大正15年二科展初入選。昭和7年渡仏,サロン-ドートンヌに入選する。阿蘇山をこのんでえがき,「阿蘇の田崎」とよばれたが,晩年は「朱富士」を好んで描いた。一水会会員。42年芸術院会員。50年文化勲章。昭和59年1月28日死去。85歳。福岡県出身。福岡師範卒。本名は田崎(たさき)廣次。作品に「初夏の阿蘇山」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田崎広助
たざきひろすけ

[生]1898.9.1. 福岡,八女
[没]1984.1.28. 東京
洋画家。福岡師範学校を卒業後,1920~24年坂本繁二郎,安井曾太郎に師事。また関西美術院に学んだ。 32~34年フランスに留学し,33年サロン・ドートンヌ入選。帰国後 35年の第 29回二科展に滞欧作を特別陳列。 39年一水会会員。第2次世界大戦後は阿蘇山を画題に取上げ,大自然の悠久さ,その毅然とした深さを描き続けた。 67年日本芸術院会員。 75年文化勲章受章。 79年日伯美術連盟会長。主要作品『外輪山の阿蘇』 (1950,東京国立近代美術館) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

田崎広助の関連キーワード浮田 克躬昭和時代浮田克躬9月1日

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android