コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田崎広助 たざき ひろすけ

3件 の用語解説(田崎広助の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

田崎広助

洋画家。福岡県生。名は広次。坂本繁二郎に師事する。戦後広稜会を結成、また東郷青児らと日伯現代美術展を開催し、その功績によりブラジル政府よりグラン・クルーズ章、コメンダドール・オフィシアール章を受ける。日本芸術院会員一水会運営委員・日展理事・日伯美術連盟会長。文化勲章受章。昭和59年(1984)歿、85才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田崎広助 たざき-ひろすけ

1898-1984 大正-昭和時代の洋画家。
明治31年9月1日生まれ。坂本繁二郎に師事し,大正15年二科展初入選。昭和7年渡仏,サロン-ドートンヌに入選する。阿蘇山をこのんでえがき,「阿蘇の田崎」とよばれたが,晩年は「朱富士」を好んで描いた。一水会会員。42年芸術院会員。50年文化勲章。昭和59年1月28日死去。85歳。福岡県出身。福岡師範卒。本名は田崎(たさき)廣次。作品に「初夏の阿蘇山」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田崎広助
たざきひろすけ

[生]1898.9.1. 福岡,八女
[没]1984.1.28. 東京
洋画家。福岡師範学校を卒業後,1920~24年坂本繁二郎,安井曾太郎に師事。また関西美術院に学んだ。 32~34年フランスに留学し,33年サロン・ドートンヌ入選。帰国後 35年の第 29回二科展に滞欧作を特別陳列。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田崎広助の関連キーワード黒田重太郎太田喜二郎阿以田治修油谷達有馬三斗枝江藤純平大橋孝吉栗原信不破章堀田清治

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田崎広助の関連情報