コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮遊生物 フユウセイブツ

岩石学辞典の解説

浮遊生物

海や湖で多少受動的に浮遊する動物(zooplankton)および植物(phytoplankton).これらの大部分は非常に小さく海水や湖水の上部帯で棲息している.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

世界大百科事典内の浮遊生物の言及

【海】より

…海の生物の中には,顕花植物のアマモや,哺乳類のクジラ,アザラシ類などのように,陸上で進化したグループが,再び海に生活の場を求めて適応進化したものもいる。
[海の生態学]
 海の生物の生活型は,大きくプランクトンplankton(浮遊生物),ベントスbenthos(底生生物),ネクトンnekton(遊泳生物)の三つに区別される。プランクトンは,海水中に浮遊して生活し,自らの能力で移動しないものを指し,ネクトンは,強い遊泳能力をもって水中で生活するもので魚類や,イカ・タコの類,エビ類,それに水生哺乳類などが含まれる。…

※「浮遊生物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

浮遊生物の関連キーワードチョーク・スフェア動物プランクトン小久保 清治遠藤吉三郎クモヒトデレンギョ肉質虫類鞭毛虫類オイカワ上野益三超微化石海洋生物オサガメネクトンベントス海洋科学ナマコ淡水性ウグイ水産学

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android