コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海のもずく ウミノモズク

1件 の用語解説(海のもずくの意味・用語解説を検索)

とっさの日本語便利帳の解説

海のもずく

○海のもくず
慣用的な表現として「海の藻屑(もくず)となる」がある。「藻屑」は海藻が細かく砕けたクズのこと。よって、船が海で遭難してばらばらになって消えてしまうといった意味から、さらに海で死ぬことといった意味になる。これが食べ物の「もずく」と混同されることがあるが、もちろん誤用である。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海のもずくの関連キーワード定量目標/定性目標池の藻屑海の家湖海の士藻屑海の神海の底海の原大海の一滴眉をしかめる

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone