誤用(読み)ごよう

精選版 日本国語大辞典「誤用」の解説

ご‐よう【誤用】

〘名〙
① わざと不正に用いること。悪用
今昔(1120頃か)七「三宝の物を誤用して罪を得る事无限し」
用法を誤ること。
※随筆・文会雑記(1782)附録「点発に依て文義わかるる事はに及ばず。詩近体に声の誤用あるも、点発のせんぎ少き故なるべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「誤用」の解説

ご‐よう【誤用】

[名](スル)使い方をまちがえること。また、そういう使い方。「敬語誤用する」
[類語]クオーテーション孫引き引き合い引用運用使用利用活用所用盗用悪用転用流用通用愛用援用応用逆用供用充用試用常用善用適用乱用引証引例引拠引き句引き写し転載掲載登載所載満載連載訳載載せるコピーアンドペースト引き写す使う用いるかす役立てる用立てる利する

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android