コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海使〓(“草かんむり”に「衣」)女 あまつかいの みのめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

海使〓(“草かんむり”に「衣」)女 あまつかいの-みのめ

?-? 奈良時代の女性。
日本霊異記(りょういき)」によれば,平城左京で9人の子をかかえて困窮していた。穴穂(あなほ)寺の千手観音にいのったところ,天平宝字(てんぴょうほうじ)7年(763)妹に姿をかえた観音から銭100貫をさずかったという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

海使〓(“草かんむり”に「衣」)女の関連キーワード奈良時代

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android