海使〓(“草かんむり”に「衣」)女(読み)あまつかいの みのめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

海使〓(“草かんむり”に「衣」)女 あまつかいの-みのめ

?-? 奈良時代の女性。
「日本霊異記(りょういき)」によれば,平城左京で9人の子をかかえて困窮していた。穴穂(あなほ)寺の千手観音にいのったところ,天平宝字(てんぴょうほうじ)7年(763)妹に姿をかえた観音から銭100貫をさずかったという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android