コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海外特別研究員制度

1件 の用語解説(海外特別研究員制度の意味・用語解説を検索)

産学連携キーワード辞典の解説

海外特別研究員制度

海外特別研究員制度」とは、国際的視野に富む有能な研究者を養成・確保するため、優れた若手研究者を海外に派遣し、特定の大学等研究機関において長期間研究 に専念させる制度。「海外特別研究員制度」は、日本学術振興会によって実施されている。派遣 「海外特別研究員制度」の期間は2年で、経費として往復の航空運賃の他、滞在費・研究活動 費として、年額約380万円から520万円程度が支給される。

出典|(株)アヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海外特別研究員制度の関連キーワードフェロー特別研究員制度国際的フェローシップニーマンフェローシップ受託研究員特別研究員奨励費特別研究促進費特別推進研究

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone