コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海夫 かいふ

大辞林 第三版の解説

かいふ【海夫】

海人あま。漁夫。 〔日葡〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の海夫の言及

【霞ヶ浦四十八津】より

…北浦にも北浦四十四ヶ津がある。平安末期から南北朝期,霞ヶ浦・北浦・利根川の津々の海夫は,香取社に供祭料を貢進,漁猟・交通上の特権を保証され,戦国期から江戸初期には,湖の入会を大原則とする自治組織を形成する。その一,霞ヶ浦四十八津は1625年(寛永2)に設定された水戸藩の玉里(たまり)御留川に対し,入会の原則を固守して頑強に抵抗,1650年(慶安3)漁期・漁具の制限,定例の会合日等の慣習を,南津頭古渡(ふつと)村,北津頭玉造浜村をはじめ津々連判の上,掟書とした。…

※「海夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

海夫の関連キーワード霞ヶ浦四十八津宇田川玄随香取(市)稲敷(市)佐原[市]村治学漁夫

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海夫の関連情報