コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海底しゅんせつロボット かいていしゅんせつロボットsubmersible dredging robot

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海底しゅんせつロボット
かいていしゅんせつロボット
submersible dredging robot

海底を走行しながら土砂を掘削し,パイプラインを通して陸上に排出するロボット。陸上から光通信ケーブルで遠隔操作され,水深 15mまでの海底で作業が可能。8本の脚 (本体支持用4本,移動用4本) を持つ。五洋建設と三菱重工業の共同で 1987年 10月に完成した。高い施工精度を得るため,レーザー式自動位置出し装置によりしゅんせつ位置と深さを測量し,カッター先のソーナー4台でしゅんせつ面をモニタする。全長 24m,幅 13m,高さ 5.5m,空中重量 145t。歩行速度時速 100m,揚土量は1時間当たり約 60m3。波高 2.8mでも作業が可能。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android