海底ハウス『歩号1世』(読み)かいていハウスあゆみごういっせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「海底ハウス『歩号1世』」の解説

海底ハウス『歩号1世』
かいていハウスあゆみごういっせい

愛媛県北宇和郡吉田町のみかん園主である田中和栄が設計,200万円かけてつくった海中ハウス。 1968年9月5日から 12日まで,吉田町の 40m,水深 11mの海底で実験生活をした。鋼鉄製で,球体茶筒を横から突き刺したような形をしている。球体の部分は,高さ 2.5m,茶筒の部分は高さ 1.5m,幅 2m,全長 7m。定員は8人。室内容量は 24m3,床面積は 17m2,水深 30mまでの水圧に耐えられる。現在は東京都船の科学館に展示されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゴールデンカムイ

「週刊ヤングジャンプ」(集英社発行)で2014年38号より連載されている北海道出身の漫画家・野田サトルの漫画作品。日露戦争の帰還兵である杉元佐一が北海道で一攫千金を目指して繰り広げる冒険劇で、作中のア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android