コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田町 よしだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉田〔町〕
よしだ

静岡県中部,大井川河口右岸にある町。 1949年町制。駿河湾にのぞみ,大部分は大井川三角州上にあり,養鰻業が発達。中心集落の住吉を中心に,機械などの工場が進出している。能満寺のソテツ天然記念物。町域の一部は御前崎遠州灘県立自然公園に属する。国道 150号線が通じ,北部に東名高速道路インターチェンジがある。面積 20.73km2。人口 2万9093(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

防府市歴史用語集の解説

吉田町

 広島市から北東に約45?に位置する町で、戦国武将の毛利元就[もうりもとなり]が本拠地である郡山城[こおりやまじょう]を築いたところです。郡山城跡が、国の史跡に指定されている他、毛利家に関する様々な文化財を今日に伝えています。防府市とは、元就が亡くなってちょうど400年後の1971年(昭和46年)に姉妹都市となりました。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

吉田町の関連キーワード安芸高田市歴史民俗博物館静岡県榛原郡吉田町川尻静岡県榛原郡吉田町神戸静岡県榛原郡吉田町大幡海底ハウス『歩号1世』静岡県榛原郡吉田町片岡静岡県榛原郡吉田町住吉吉田(愛知県西尾市)静岡県営吉田公園吉田藩(伊予国)広島県安芸高田市川尻(静岡県)鉄の歴史博物館吉田(埼玉県)吉田(広島県)吉田(愛媛県)鉄の未来科学館安芸高田[市]たたらば壱番地山内生活伝承館

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吉田町の関連情報