床面積(読み)ゆかめんせき

精選版 日本国語大辞典「床面積」の解説

ゆか‐めんせき【床面積】

〘名〙 建物の、ゆか部分面積床面
※小住宅厨房の研究(1939)〈蔵田周忠〉四「家具及之に類するものにして厨房の面積の一部を占め」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典「床面積」の解説

ゆかめんせき【床面積】

建築物の床の面積。通常壁や中心線で囲まれた部分の水平投影面積。1階の床面積が建築面積にあたる。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

リフォーム用語集「床面積」の解説

床面積

建築基準法上、建築物の各階またはその一部で、壁その他の区画の中心線で囲まれた部分の水平投影面積。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

デジタル大辞泉「床面積」の解説

ゆか‐めんせき【床面積】

建物の床の部分の面積。床面。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android