海洋島玄武岩(読み)かいようとうげんぶがん(英語表記)ocean-island basalt

岩石学辞典の解説

海洋島玄武岩

海洋底には火山により海山が形成される.海洋島玄武岩はホットスポット(hot spot)に産する玄武岩の総称で,ホットスポットに由来すると考えられている.海洋島玄武岩は海洋島ソレアイト(oceanic island tholeiite)と海洋島アルカリ玄武岩(oceanic island alkali basalt)に分けられることがある.海洋島の岩石は(1) 全体としてはSiO2に過飽和のソレアイト質玄武岩で,それ以外に(2) 中程度の不飽和のアルカリ玄武岩(粗面岩,響岩),(3) 強い不飽和の橄欖石玄武岩~霞岩,などである.海洋プレート内玄武岩(oceanic intraplete basalt),プレート内玄武岩(within plate basalt),ホットスポット玄武岩(hot spot basalt)などとほぼ同意義[地学団体研究会 : 1996, 周藤, 小山内 : 2002].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android