コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霞岩 かすみがんnephelinite

岩石学辞典の解説

霞岩

ネフェリンと輝石が主で,橄欖(かんらん)石を含まない細粒の岩石で,非顕晶質または斑状[Cordier : 1868].橄欖石があれば橄欖石霞岩(olivine nephelinite)といい,もしマフィック鉱物が50%以上であれば優黒質霞岩(melanonephelinite)という.粗粒な霞岩をイジョラ岩という.斜長石が加わればネフェリン─テフル岩,橄欖石と斜長石が加わるとバサン岩となる.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

霞岩の関連キーワードホットスポット玄武岩アンカラトラ岩霞石閃長斑岩タヴォラト岩エティンド岩海洋島玄武岩オンキロネ岩トスカルム岩ネマイト塩基性岩スペロン苦鉄質岩ミケノ岩霞石

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android