コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

過飽和 かほうわ supersaturation

翻訳|supersaturation

9件 の用語解説(過飽和の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

過飽和
かほうわ
supersaturation

ある量が飽和状態より多く含まれる状態で,一種の準安定状態のことである。たとえば,過飽和溶液はその温度における溶解度に相当する量より多くの溶質を含む溶液で,濃い溶液を静かにゆっくりと冷却することによって得られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

か‐ほうわ〔クワハウワ〕【過飽和】

溶液中に、溶解度以上の物質が含まれている状態。
蒸気が、飽和点以上に存在すること。飽和水蒸気圧以上になっても、水蒸気が凝縮しないことなど。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

過飽和【かほうわ】

(1)溶液がある温度において溶解度以上に溶質を溶かし込んでいる状態。飽和溶液を徐々に冷却すると得られるが,不安定状態であり,結晶核となる物質,たとえば溶質結晶片,ちりなどを混入したり,振動を与えると,過剰な溶質が析出して安定な飽和溶液となる。
→関連項目凝縮

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

岩石学辞典の解説

過飽和

溶液がその温度における飽和溶解度に相当する量以上に溶質を含む場合.過飽和状態は準安定状態で,結晶質の固相が分離しないで中断された平衡状態が残った溶液で,外部から何かの刺激を与えると真の平衡状態に移行する.珪酸塩熔融体が限界の範囲を越えて急冷した場合には,結晶作用は互いに妨げられ,ガラスが形成するようになる[Wahlstrom : 1950].

過飽和

マグマ起源の石英やトリディマイトなどの遊離SiO2を含む火成岩に用いる語[Shand : 1913].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

過飽和

 ある条件下における溶質の溶解度以上に溶質が溶けている場合の溶液の状態.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かほうわ【過飽和 supersaturation】

一般に,ある量が飽和状態よりも多く存在する状態をいう。過飽和の状態は不安定(準安定)であり,安定な平衡状態ではない。ある温度やある圧力のもとで,ある液体(溶媒)に,ある物質がどれだけ溶けるかに注目したり,また,ある温度のもとで,ある液体の蒸気圧がどれだけかを論ずるとき,それらの物質の飽和の濃度(溶解度)や飽和の圧力(飽和蒸気圧)などといった,ある量(数値)の限度を示す必要が生じてくる。しかし,この限度を示す量が必ずしも最大の値であるとは限らず,一時的に,この限度以上に物質が存在する場合もありうる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かほうわ【過飽和】

溶液中に、溶解度以上の溶質が溶けている状態。
蒸気が、飽和蒸気圧以上存在している状態。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

過飽和
かほうわ
supersaturation

気体の圧力、溶液での濃度などが、その温度に相当した飽和値以上になっても、過剰量が別の相として分離していない状態をさす。このような準安定状態になんらかの刺激が加わると、突如として安定状態に移行するので、過剰の液体、または固体の析出がおこり、かなりの熱エネルギーの放出がおこる。実験室などでよくつくられるのはチオ硫酸ナトリウムの過飽和水溶液である。市販のハイポ(チオ硫酸ナトリウムの五水和物)を加熱すると、やがて結晶水の中に溶解してしまい、きわめて濃厚な溶液ができる。これを静かに室温に冷却しても、結晶の析出はない。つまり典型的な過飽和溶液がつくられるのである。これに結晶のかけらを投入すると、これが核となってただちに結晶が生成し、著しい量の熱を発生することがわかる。冷却した空気の中の水蒸気も過飽和になりやすく、高山の樹氷(霧氷)の生成もこれが原因で、樹枝の先端部が氷晶の核となって風上方向に成長がおこる。
 溶液から結晶を生成させるときに、器壁をこすったり振動を与えたりするのは、過飽和となることをできるだけ回避するためである。準安定状態から安定状態へ移行させるための刺激を与えることに相当している。[山崎 昶]

気象

空気中の水蒸気圧が飽和水蒸気圧より大きくなっても凝結をおこさない状態をいう。大気中での凝結と飽和状態との関係は複雑で、未飽和で凝結がおこることもあれば、過飽和でなければ凝結がおこらないこともある。大気中には凝結核となる塵埃(じんあい)や塩類などの微粒子が多く含まれているので、イオンや水分子のみを凝結核とする場合のような著しい過飽和になることはないと考えてよい。[股野宏志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

過飽和の関連キーワードグルコース高級脂肪酸硫化物地滑りサチュレーション飽和点カリステフィン機能亢進高代謝回転タンパク質リスアレナイト

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

過飽和の関連情報