コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海洋底 カイヨウテイ

大辞林 第三版の解説

かいようてい【海洋底】

海の底。大陸縁辺部(大陸棚・大陸斜面)・深海底・中央海嶺に三大別される。花崗岩質岩石からなる大陸縁辺部を除いて、大部分が玄武岩質岩石からなると推定されている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の海洋底の言及

【海底地形】より

…地殻は大陸では比較的比重の小さい花コウ岩質層とその下の玄武岩質層からなり,厚さは平均33kmである。海洋底では花コウ岩質層を欠き,薄い堆積層の下に玄武岩質層があって,厚さは平均7km,比重は大きい。マントルは地下60~90kmを境にして,上部は硬いリソスフェア,下部は軟らかいアセノスフェアに分けられる。…

※「海洋底」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

海洋底の関連キーワードロバート・S. ディーツマーカスプレートテクトニクス統合国際深海掘削計画南オーストラリア海盆ウィルソンサイクル活動的大陸縁辺域海底面拡大の理論南西インド洋海嶺フェーマス計画H.H. ヘス東インド洋海嶺アセノスフェアラブラドル海盆海洋プレートメキシコ海盆リソスフェア洋上風力発電古地磁気年代ブラジル海盆

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海洋底の関連情報