コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海淀 かいてい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海淀
かいてい / ハイティエン

中国、北京(ペキン)市の旧城外北西郊の市轄区。人口367万8000(2014)。北京の文教地区で、北京大学、清華(せいか)大学、中央民族大学、北京航空航天大学などの教育機関や各種の研究機関が集中する。また、区中部の中関村(ちゅうかんそん)はハイテク産業の集積地として知られる。頤和園(いわえん)(1988年世界遺産の文化遺産に登録)、紫竹院(しちくいん)公園、清華園なども区内にあり、市民の憩いの場となっている。区の北西端は市の中心部より約40キロメートルの妙香山に達するが、元来は旧城内より頤和園への中間地帯をさし、明(みん)代以後に池沼の多いことから海淀の名が生まれたという。[船越昭生・編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

海淀の関連キーワード頤和園、北京の皇帝の庭園円明園遺跡米万鍾円明園

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海淀の関連情報