コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清華 セイガ

デジタル大辞泉の解説

せい‐が〔‐グワ〕【清華】

清華家」の

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいが【清華】

「清華家」の略。栄華えいが

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の清華の言及

【華族】より

…華族はもともと清華(せいが)(清華家)の別称だったが,1869年(明治2)の版籍奉還により,従来の公家と諸侯を合わせて華族と称し,士族の上位におかれて,天皇より四民の範となるよう諭された。71年の廃藩置県で華族は政治的特権を失った。…

【徳大寺家】より

…たとえば公成の女茂子は後三条天皇の女御となって白河天皇を生み,実季の女茨(苡)子が堀河天皇の妃となって鳥羽天皇を生み,公実の女璋子は鳥羽天皇の皇后になって,崇徳・後白河両天皇を生んでいる。特に院政を行った白河・鳥羽・後白河3上皇がすべてこの流からでているので,院政期に勢力があり,公実の3子,すなわち実行が三条家を,通季が西園寺家を,実能が徳大寺家を起こし,いずれも摂関家につぐ清華という家格となった。初代実能は璋子と同腹で,鳥羽院の信任が厚く,女育子も二条天皇の皇后になっている。…

※「清華」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

清華の関連キーワードそのごっさん蒔田翠錦公達受領清華門跡清華大学チャーン殷海光陳寅恪羽林家網代輿大臣家何炳棣羅隆基聞一多費孝通朱自清李亦園人人網朱鎔基李学動

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

清華の関連情報