コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妙香山 みょうこうさん Myohyang‐san

2件 の用語解説(妙香山の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

みょうこうさん【妙香山 Myohyang‐san】

朝鮮半島の北部,妙香山脈中の主峰で,標高1909m。妙香山脈は狼林山脈の西側支脈で,平安南道平安北道・慈江道の境をなす。妙香山はこの3道の接点に位置し,樹木がうっそうとした山容は秀麗で,朝鮮の名山の一つとされている。朝鮮の建国神話主人公檀君の生誕地といわれる檀君窟がある。山麓の普賢寺は高麗時代創建とされる古寺で,大小40余の建築物からなる規模は朝鮮五大寺の一つに数えられる。ここからは16世紀末の日本軍侵略に抗して決起した義兵の指導者となった休静(西山大師),泗溟大師らが輩出した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

妙香山
みょうこうさん / ミョヒャンサン

北朝鮮、北西地方の東部にある山。標高1909メートル。妙香山の最高峰は毘盧(びろ)峰で、主峰より北西方へ法王峰、南東方へ七星峰の二連峰からなっている。景観の特徴は渓谷美である。もっとも有名なのは祥原(しょうげん)洞と万瀑(ばんばく)洞で、白雲がなびくような水けむる数十の瀑布から形成されている。神話、伝説も多い山で、檀(だん)君降誕説にちなむ檀君窟(くつ)や、壬辰倭乱(じんしんわらん)(豊臣(とよとみ)秀吉の朝鮮侵略)で西山大師が檄(げき)を飛ばした普賢(ふけん)寺がある。妙香山入口には、国際親善博物館がある。[魚 塘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

妙香山の関連キーワード駒ヶ岳金剛山支石墓大雪山朝鮮半島白頭山洛東江アコンカグア徳川松岳

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

妙香山の関連情報