コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海犬養岡麻呂 あまのいぬかいのおかまろ

朝日日本歴史人物事典の解説

海犬養岡麻呂

生年:生没年不詳
奈良時代の官人,歌人。天平6(734)年詔に応じて聖武天皇の盛世を讃えて,「御民吾生ける験あり天地の栄ゆる時にあへらく思へば」という有名な歌を詠む(『万葉集』巻6)。

(今泉隆雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone