海犬養岡麻呂(読み)あまのいぬかいのおかまろ

朝日日本歴史人物事典の解説

海犬養岡麻呂

生年:生没年不詳
奈良時代の官人,歌人。天平6(734)年詔に応じて聖武天皇盛世を讃えて,「御民吾生ける験あり天地の栄ゆる時にあへらく思へば」という有名な歌を詠む(『万葉集』巻6)。

(今泉隆雄)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android